ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

コレステロール値厳格派が譲らぬ訳 血圧147論争と同じ構図

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 日本ではコレステロールは「悪者」と広く認識され、基準値をもとに指導や治療が行なわれるが、その根拠は実は我々が思うほど確固たるものではない。

 専門医からなる日本動脈硬化学会は、脂質異常症(血中にコレステロールや中性脂肪が多すぎる病気)の人に対して食事療法を推奨。同学会がまとめた「動脈硬化性疾患予防ガイドライン」(2012年版)では、食事からのコレステロール摂取を「1日200mg以下」に制限している。

 だが、日本での厳格化の流れを真っ向から否定する見解がアメリカで示された。

 2月19日、米厚生省と農務省が5年ごとに改訂する「米国人のための食生活ガイドライン」作成に向けた栄養、医療、公衆衛生の専門家からなる諮問委員会の報告書が公表され、「コレステロールは過剰摂取を懸念すべき栄養素とは見なさない」との見解が明らかになった。

 日本の専門医の学会だけが、摂取制限を維持している理由を動脈硬化学会に問うたが、「ガイドラインを精読してください」という木で鼻をくくったような答えしか得られなかった。

 なぜ基準厳格派は譲らないのか。そこには、「血圧147論争」と同じ構図が透けて見える。

 専門医などからなる日本高血圧学会は上(収縮期血圧)が130以上、下(拡張期血圧)が85以上だと「血圧が高い」とする基準値を定め、それが健康診断などで用いられている。その一方、日本人間ドック学会はドックを受診した約150万人のデータを解析し、上が147、下は94までは健康とする新しい基準範囲を昨年発表した。

 本誌はいち早く2つの基準の齟齬を報じ(2014年5月2日号)、他メディアが追随して議論が沸騰した。

 基準を厳格化して“病気”と診断される人が増えれば、医者も必要とされるし、製薬会社の売り上げも伸びる。東海大学名誉教授の大櫛陽一・大櫛医学情報研究所長がいう。

「製薬会社から専門医への巨額の寄付金があります。一昨年には高血圧治療薬を巡り製薬会社と薬の効果を試験する研究者が金銭的に深く結びついていることが発覚し社会問題化しました。

 コレステロール低下薬についてもEUが2004年に治験条件を厳しくし、製薬会社と結びつきのないチームが情報開示しながら治験をやり直したところ、従来コレステロールを下げる必要があるとされていた患者でも薬の効果が出ないとの結果が出たケースがある」

 市場調査会社・富士経済によれば、血中コレステロールなどの低下に使われる高脂血症用薬の各社売り上げを合算した国内市場規模は年間約3800億円(2010年度)。血圧同様、“コレステロール業界”にも巨大市場が存在する。

 約4000万人の患者・予備群がそれを支えているわけだが、仮に「総コレステロール250以下は健康体」となれば、指導や受診が必要となるのは20歳以上の日本人の約7%に過ぎず(国民健康・栄養調査、2010年)、“病人”は3300万人も減る計算になる。

 何よりも、この国の“常識”に従った食生活が国民の健康を害する危険がある。それこそが問題だ。

 血中コレステロールの8割は体内で合成され、食品から摂取されるのは2割といわれている。仮にコレステロールを食品から多量に摂取しても、体内で合成される量が調節されるだけだ。むしろ、コレステロール制限による栄養不足のほうが人体でカバーできないため問題と指摘されている。

 動脈硬化学会のガイドラインに従えば、脂質異常症の場合、卵は1日1個も食べられない。しかし卵には体内で合成できない8種の必須アミノ酸が含まれている。卵黄に多く含まれるレシチンは細胞膜や神経組織を構成するコリンの供給源で、老化やボケ防止に役立つとされる。

 さらに、免疫力を高めるビタミンAや新陳代謝を活発にするビタミンB群を多く含む。卵からのコレステロール摂取を避けるとそれらの栄養素を摂取する機会まで失ってしまうことになる。

 同じくレバーなどの肉類、ウナギやタラコなどの魚介類には動物性タンパク質が多く含まれている。特に高齢者はタンパク質が不足して低栄養に陥る可能性があるので注意が必要だ。

※週刊ポスト2015年3月13日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
「70歳超のコレステロールは下げてはいけない」と米医療協会
コレステロールや中性脂肪の基準値 欧米より桁違いに厳しい
コレステロール値がかなり高くても健康に問題はないとの新説

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP