ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

新幹線開通で大注目 鯖寿司、かにめし…北陸の美味しいお弁当

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 3月14日の北陸新幹線開通に向けて、注目度が高まっている北陸地方。新幹線の旅ともなると、地元の美味しいお弁当も気になるところだ。

■手押し焼き鯖寿司
脂ののった鯖と酢飯の間に、甘く炊いたしいたけとしょうがをサンド。福井県知事賞も受賞している。(6切1100円、越前水産)

■治部煮丼弁当
「鶏肉を麩などと合わせて煮た石川県の郷土料理“治部煮”を丼弁当で」(タウン誌『Favo金沢版』編集長・村田麻美さん&営業部・野村芳恵さん)。(1080円/米心石川)

■越前かにめし
「ずわいがにの身がたっぷり。みそなどで炊いたごはんもコクうま」(福井県のタウン誌『福楽』編集長・坪川京子さん)。(1150円/番匠本店)

■包み鱒寿し
「富山っ子にはそれぞれマイ鱒寿しがあるんです。大多屋は手作り無添加で地元人気が高い」(『月刊タウン情報とやま』ディレクター・松井滋さん)。(1980円/大多屋)

※女性セブン2015年3月19日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
「接骨木」「廿五里」「灯台笹」「公所」地名クイズ中日本編
いつでも温かいお弁当が食べられるUSB保温ポーチ
【難読駅名クイズ】「上ゲ」「開発」「金手」「動橋」中部編

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP