ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『マッサン』打ち上げ欠席の泉ピン子 倹約家だったから説も

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 2月27日、大阪市内の『帝国ホテル大阪』で、NHK連続テレビ小説『マッサン』の打ち上げが開催された。マッサン役の玉山鉄二(34才)やヒロイン・エリー役のシャーロット・ケイト・フォックス(29才)はもちろん、風間杜夫、西川きよし、夏樹陽子、八嶋智人らが参加した。

 しかし、マッサンの母役で、エリーをいびり倒し、物語前半をおおいに盛り上げた泉ピン子(67才)の姿はそこになかった。

「ピン子さんサイドには、1月終わりの段階で打ち上げのスケジュールを確認したところ、“2月の末は仕事も入っているので、ちょっと厳しい”とのお返事でした。スタッフ側はなんとか調整しようとしたんですが、ピン子さんサイドから“本人は撮り終わってから時間も経っていますし、大阪の打ち上げはご遠慮させていただきます”と、丁寧に欠席のお断りが入ったんです」(番組関係者)

 ピン子は、こういった打ち上げの席には必ず出席することで有名なので、当初周囲は首を傾げたという。欠席の理由について、ある芸能関係者がこう話す。

「まあ、『渡る世間は鬼ばかり』のように気心知れたスタッフでもないですし、居心地もあまりよくないと感じたのかもしれませんね。実際ピン子さんサイドからは、“他の出演者のかたがたとは世代が違いますし、若い人も多いですしね”との声も漏れていたようなので、仕事うんぬんが本当の欠席理由ではないと思いますよ」

 またピン子をよく知るテレビ局関係者はこう推察する。

「ピン子さんは倹約家ですからねぇ(苦笑)。熱海の自宅マンションの温泉が出なくなったときは、住民を代表して管理会社に、“月額3万円払ってるんだから、1日1000円返せ”と猛クレームをつけたこともあるほどです。NHKの打ち上げは、大河も朝ドラも一次会の会費がだいたい6000円前後ですし、今回は二次会が4000円。それだけならまだしも、大阪までの交通費や宿泊費も、もちろん自腹になります。彼女の性格を考えたら、“それは嫌!”となったんじゃないですかねぇ」

※女性セブン2015年3月19日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
「私が死ぬドラマは当たる」と泉ピン子『マッサン』に太鼓判
泉ピン子 収録現場に募金箱を置いて誰が入れるかをチェック
泉ピン子が橋田壽賀子を追って熱海に移住

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP