ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

MWC 2015 : 富士通が虹彩認証技術を搭載したスマートフォンの試作機を展示

DATE:
  • ガジェット通信を≫

富士通が人の目の虹彩パターンでパスワード認証を行う新技術を開発したことを発表し、現在スペイン・バルセロナで行われている MWC 2015 イベントでこの技術を搭載したスマートフォンの試作機を展示しました。富士通の発表によると、同社の新技術はスマートフォンの前面に備えられた赤外線 LED と赤外線カメラを用いてディスプレイを見つめるユーザーの目の虹彩(角膜と水晶体の間にある薄い膜)の画像パターンをスキャンし、事前に登録されたユーザーのものと照合して一致する場合は認証をパスさせるというものです。虹彩認証と指紋認証で精度がどのように違うのかは説明されていませんが、画面を見つめるだけでロックを解除できるので、センサーに触れるような動作が不要になり、手袋をしていても手が濡れていても認証を行えるなど、利便性が良くなり、偽装されるリスクも大幅に減ります。富士通の虹彩認証技術はロック画面の解除のほか、WEB ページへのログインリやアプリに設定したパスワード認証にも利用できるそうです。Source : 富士通RuptlyTV


(juggly.cn)記事関連リンク
ドスパラ、2GB RAMやWi-Fi acを搭載した10.1インチAndroidタブレット「DG-Q10SR3」を発売
今後のXperiaスマートフォンに光学式手ブレ補正機能が実装されるかも
Sony Mobile、動画作成アプリ「Movie Creator」をGoogle Playストアに公開、動画のフィルタや向きを変更できる新機能も追加

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP