体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

スコーン対決! スタバ・ローソン・ファミマの3種を徹底比較

今日からもぐナビニュースの「食のキュレーター」に参加することになった、管目直衣さんのスコーン食べ比べ記事をお届けします。
管目さんには鋭い分析力と、豊富な知識で、さまざまな食品の紹介を行っていただきます。
四国在住のライターさんなので、地方限定商品なども取り上げていただく予定です!

これまでのもぐナビニュースの記事とはちょっとテイストが異なる管目さんの文章を、ぜひお楽しみください。

———-

「スコーン」――コイケヤのスナック菓子ではない。コンビニなどで見かけるようになった固めのパンのような食品である。それらはただ「スコーン」と呼ばれているが、実際には大きく分けて二種類あるのはご存じだろうか。

似ているようで微妙に違う三種のスコーン

似ているようで微妙に違う三種のスコーン

一つは「ブリティッシュスコーン」。円柱状でおおむね塩味。ジャムやクリームを塗り、紅茶に添える「クリームティー」が代表的な食べ方だ。アメリカでは「ビスケット」と呼ばれ、パンのように食事として扱われる。ケンタッキーフライドチキンの「ビスケット」がクッキー然としていないのはそういうわけだ。
もう一つの「アメリカンスコーン」はというと、ほとんどの場合甘い生地に甘い具材が練りこまれ、扇形や三角形をしている。コーヒーショップで提供されることが多い。
共通しているのは“外側は固くサックリとしており、内側は柔らかくしっとりしている”ということだ。

今日は全国展開している三つの販売元のスコーンをそろえ、それぞれの実態を確かめるべく食べ比べをしてみたい。これらははたして「ブリティッシュ」か「アメリカン」か、はたまた全く別物か。

ゴツゴツしたスターバックス、シャープなローソン、ふっくらしたファミリーマートのスコーン

ゴツゴツしたスターバックス、シャープなローソン、ふっくらしたファミリーマートのスコーン

取りそろえた三種は以下の通り。

・スターバックス「チョコレートチャンクスコーン」
・ローソン「MACHI café チョコチャンクスコーン」
・ファミリーマート「Sweets+ チョコチップスコーン」

スターバックスやファミリーマートには他にもさまざまなスコーンがあるが、条件をそろえるためこれらチョコレートチップを練りこんだものに統一させてもらった。いずれも外見は三角に切り分けて焼き上げられた、いわゆる「アメリカンスコーン」のスタイル。では、一つずつ見ていこう。

スターバックス チョコレートチャンクスコーン

この中で唯一個包装されていない。紙袋はテイクアウトの汎用品である

この中で唯一個包装されていない。紙袋はテイクアウトの汎用品である

ゴツゴツした外見のスターバックスのスコーン。濃厚なこだわりチョコレートを練りこんだ香ばしくてコクのある生地を、外はザックリ中はしっとり焼き上げたというふれこみだ。

大きく厚くどっしり重い

大きく厚くどっしり重い

実際食べてみると、外皮は固くサックリしており粉状にほろりとほぐれる。一方で内側はややしっとりとやわらかく、やはり噛むより先にとろけていくような食感である。甘味は薄く、塩と小麦の滋味が感じられる。チョコチップはしっかりした歯応えでややざらつきを感じ、ビターな味わいが強い。おそらくカカオ分が高いのだろう。

加熱されてチョコチップは軟化している
1 2次のページ
もぐナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。