ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

MVNOユーザーにオススメする光回線活用術

DATE:
  • ガジェット通信を≫

NTT東西の光回線の卸売りがスタートしました。

これによりdocomo・ソフトバンク、そして格安SIMを提供するプロバイダー企業などが安価にフレッツ光のサービスを顧客へ提供する事ができ、それに伴い「セット割引」の競争も盛り上がっております。
格安SIMはdocomoなどの大手通信事業者と比較すると、毎月の料金が安い変わりに、モバイル回線の速度・通信量に制限がある場合が殆どです。

こうした通信の制限も、光回線を引いてWi-Fi接続する事で、自宅では思う存分使う事ができます。

今回はMVNOユーザーへ光回線のオススメの活用方法をご紹介します。

テレビでYouTubeなどが楽しめるセットトップボックス
まずオススメしたいのは、テレビに接続するセットトップボックスです。

代表的な製品はAppleのApple TV、GoogleのChrome Castです。

この二つの製品をテレビのHDMI端子と接続する事で、スマートフォン・タブレットのコンテンツを無線で接続する事が出来ます。

Apple TVとChrome Castでは製品の位置づけが若干異なるので、もう少し細かく説明します。

Apple TVは、単体でYouTubeにアクセスしたり、iTunes Storeの音楽、ビデオを購入・レンタルして楽しむ事ができます。

更にiPhone・iPad・MacBookなどの製品であれば、画面をそのまま表示できるミラーリング機能を楽しむ事ができます。

Chrome Castはスマートフォン(Android、iOS)で再生しているYouTube、Google+にアップした画像など、特定のアプリ・コンテンツをテレビに出力できます。

Applet TVと違い、手元にスマートフォンがないと何も出来ないのが大きな違いです。

YouTubeなどの動画を出力する際、一度再生が始まればスマートフォン側は違うアプリを立ち上げてもそのまま動画は流れっぱなしなのが嬉しい所。

表示している画面をそのまま表示するミラーリング機能は、限られたAndroid端末(Nexusシリーズ、GALAXY・Xperiaシリーズの一部機種)でしか使用が出来ませんので、注意が必要。

Apple TVは単体での使用も可能で、Apple製品のミラーリング可能で10,584円。

Chrome Castは単体での使用は不可で4,536円。

そして2/27に、Google版Apple TVとも言えるNexus Playerの発売がワイモバイル、一部家電量販店で開始されました。

Nexus PlayerはApple TVの様に単体での使用も可能。また、Apple TVとの違いとしては、Nexus Playerに対応するスマホゲームであれば、スマホがなくても単体でのプレイが可能。さらにChrome Castの様にコンテンツを出力。また、一部のAndroidデバイスであれば画面のミラーリングができ、PCのChromeブラウザからもタブのストリーミング表示にも対応しています。

Nexus Playerは13,824円(ワイモバイルの価格)

ガッツリと使いたいApple派はApple TV、Google・Android派はNexus Player。
まずはシンプルに使いたいiPhone、AndroidユーザーはChrome Cast。
※Chorome Cast、Nexus Playerは、iPhoneユーザーでも両機器で利用可能なアプリでインストールすれば使用することが出来ます。

と、綺麗に住み分けが出来るのではないでしょうか。

dビデオはMVNOユーザーにとっての救世主になるか!?
そこで強くオススメしたいのがNTTdocomoが提供するビデオ・オン・デマンドサービスのdビデオとdアニメです。

dビデオは月額540円で映画やドラマを中心に約23,000タイトルが揃い、また、dアニメは月額432円で約1,200作品 約20,000話の動画コンテンツが見放題になるサービスです。
※ともに最新タイトルの一部有料レンタル作品あり

docomoのサービスではありますが、他キャリア・格安SIMのユーザーでも、docomo IDを作成し決済にクレジットカードを登録する事で申し込むことが可能。
数ある定額制のビデオ・オン・デマンドdビデオ・dアニメをオススメする一番の理由は、動画のダウンロードが可能な所。

勿論dビデオ解約後は視聴することが出来なくなりますが、光回線の自宅で見たい動画を予めダウンロードしておけば、出先で視聴する際には「契約が継続しているか」をチェックする、ラインセンスの確認の通信だけでOK。
ですので、制限の強い格安SIMでも安心して動画の視聴ができます。

格安SIMユーザーこそ、上手に光回線を使うべし
ほぼ制限のない光回線を上手に活用する事で、制限のある格安SIMの不便さをカバーできると思います。
Nexus Playerなどの魅力的なハードの登場、dビデオ・dアニメなどのコンテンツの拡充でますます可能性は広がっています。格安SIMに変更して浮いた金額を他の部分に投資してみてはいかがでしょうか。

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
SIM通の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。