ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

川崎中1殺害容疑の少年A 酒飲み「人殺してみたい」ともらした

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 神奈川県川崎市の多摩川河川敷で中学1年生の上村遼太さん(享年13)が遺体で発見された事件で、殺人容疑で逮捕された少年A(18才)。主犯格とみられるAは、市内の住宅街にある3階建ての一戸建てで暮らしていた。トラック運転手の父と、フィリピン人の母、そして2人の姉の5人家族だ。一家は今から15年ほど前に、約4000万円でこの家を購入し、暮らし始めた。

「幼い頃のAくんは小柄で色が白く、クリっとした目がかわいい子でした。わんぱくっていうよりは、あまりしゃべらない大人しいタイプでね。真ん中のお姉ちゃんと仲がよくて、よく近所のお店で一緒に買い物をしていましたよ」(Aの近隣住民)

 ところが小学校時代には、フィリピン人とのハーフということもあり、いじめに近い扱いを受けたこともあったという。

「みんなと見た目が少し違うから、からかわれることも多かったんです。そのせいで、もともと大人しい性格だったのが、さらに塞ぎ込んでいって。中学にあがっても、いつも教室の隅にいるような目立たないやつで、影が薄かったんですよ」(Aの中学時代の同級生)

 一方でAの狂気が垣間見える事件も起きた。中学1年のとき、同級生とけんかになったAは、相手の顔がパンパンに腫れ上がるほど殴り続けたという。

「普段の様子とはあまりに違いすぎて、“あいつはキレたら何するかわからない”ってみんなに知れわたったんです。それもあって、もともとあった周りとの距離が開いて、さらに孤立していきました」(前出・Aの中学時代の同級生)

 中学を卒業したAは市内の定時制高校に進学。音楽部に入部した。

「不良のイメージなんてまったくなくて、どっちかっていうとアニメオタクって感じでした。ただ、しばらくすると学校も休みがちになって、部活にもあまり顔を出さなくなっていったんです。そしたら、“不良グループに入ったらしい”って噂になって。バイクに乗ってコンビニの前でたむろしたり、たばこを吸って酒飲んで…」(Aの知人)

 そしてAは、こんな話を武勇伝のように語り始めることになる。

「この間、その辺のオヤジを鉄パイプでボコボコにしてやった。それでカンベツ(鑑別所)帰りよ」

 それからAは不良の道に染まっていく。カッターナイフを常にバッグとポケットにしのばせ、酒を飲むと「人を殺してみたい」と漏らしたという。不良グループのメンバーと一緒にいる時間も増えていった。

※女性セブン2015年3月19日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
川崎中1殺害事件 容疑の少年が凶暴性に目覚めた出来事とは
3月終了の『中学生日記』 最高視聴率は22%、現在は1%以下
川崎中1殺害 少年法適用されるため殺人でも刑期は10~15年

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP