ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

日本代表監督候補ハリルホジッチ氏 オシム氏同様走り求める

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 サッカー日本代表監督人事にようやく“ゴール”が見えてきた。2月下旬、最有力候補として報じられたのがヴァヒド・ハリルホジッチ氏だ。

 1952年ボスニア・ヘルツェゴビナ生まれの62歳。イビチャ・オシム元日本代表監督と同郷で親交も深い。現役時代はFWとしてフランスのパリSGなどで活躍したほか、1982年W杯にユーゴスラビア代表として出場した。

 1987年に現役を引退した後は指導者に転身。フランスの名門・リール時代は年間最優秀監督に選出されたこともある。

 2008年にはコートジボワール代表監督に就任。2014年のブラジルW杯ではアルジェリア代表監督として同国を初のベスト16まで導いた。

 華々しい経歴の持ち主だが、彼の身体に刻まれているのは栄光の歴史だけではない。同氏が20年以上を過ごしたフランスのスポーツ誌記者が語る。

「ハリルホジッチ氏は1992~1995年のボスニア紛争で、自宅のほか、経営していた喫茶店や洋服店などをすべて失いました」

 ボスニアの古都・モスタルは戦火により中心部の多くが焼失した。そこにあった同氏の2000万フラン(約3億円)相当の資産も、戦争により失われたのだ。

「そればかりか、自身も銃撃されて下腹部を負傷しています。紛争中には妻子と離れ離れになったほか、紛争後は無職の時期を経験するなど辛酸をなめています」(同前)

 厳しい紛争をくぐり抜け、死に直面した経験を持つハリルホジッチ氏だけに、戦術もタフなものになるのか。「サッカーキング」統括編集長の岩本義弘氏はこう分析する。

「オシム元監督と同じく、よく走ることを選手に求める監督です。決して強豪ではないアルジェリア代表を率いてW杯出場を果たしたときには、戦術の引き出しの多さに驚きました。

 過去の試合を見ると、スピードとスタミナを活かした攻撃的なサッカーをする印象です。人事面でも妥協を許さない人物として知られており、2018年のロシアW杯を目標に代表メンバーも相当刷新されることになるのではないでしょうか」

 サッカー協会は遅くとも6月に始まるロシアW杯2次予選は新体制で臨むことを目指している。下馬評通り“ハリル・ジャパン”が誕生すれば、メンバーの顔ぶれも大きく変わりそうだ。

※週刊ポスト2015年3月13日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
ボスニア・ヘルツェゴビナの窮地を救ったオシム氏を追った本
元日本代表福西崇史が実体験踏まえ試合の観戦ポイント語る本
【日韓比較・スポーツ編】メダル数、歴代メジャーリーガー数他

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP