ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

狼になれ!ロス市警の相棒こと「トレーニング・デイ」コンビが映画『荒野の七人』に参戦

DATE:
  • ガジェット通信を≫

今年のアカデミー賞で話題を呼んだ『6才のボクが、大人になるまで。』に出演し、日本ではSFサスペンス『プリデスティネーション』が劇場公開されたばかりのイーサン・ホーク。その後も出演作が目白押しの彼が、今度は『荒野の七人』のリブート版に出演することがわかった。

黒澤明の『七人の侍』にヒントを得て、ユル・ブリンナーやスティーヴ・マックイーン、チャールズ・ブロンソンらが出演した1960年の西部劇『荒野の七人』。今回のリブート版は『イコライザー』『エンド・オブ・ホワイトハウス』のアントワーン・フークアがメガホンを取るという。さらにオスカー俳優デンゼル・ワシントンの出演も決定済み。

なんとも期待を煽るニュースだが、イーサン、デンゼル、そしてフークア監督といえば、デンゼルにアカデミー主演男優賞をもたらした2001年の犯罪ドラマ『トレーニング・デイ』でもタッグを組んでいる3人だ。

そのほかの出演は、クリス・プラット(『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』『LEGO(R)ムービー』)、ヘイリー・ベネット(『イコライザー』)など、これまた豪華。またリブート版では、ベネット演じる女性が荒くれ者の集団から自分の町を守ろうと、ガンマンのグループを雇う設定だそうだ。

http://youtu.be/DXPJqRtkDP0

【参照リンク】
http://www.hollywoodreporter.com/heat-vision/ethan-hawke-joining-denzel-washington-778557

関連記事リンク(外部サイト)

フジ系ドラマ『銭の戦争』の木村文乃が美しすぎると話題 「安定の木村クオリティ」
「再現ドラマの女王」片岡明日香(39歳)の可愛すぎる若妻感がネット上で大人気
テレ東・狩野恵里アナの新ヘアスタイルに「かわいい!」「女子アナっぽい」と賞賛の声
フジテレビ椿原慶子アナのプニプニすぎる二の腕がネット上で大人気  男性視聴者から熱視線
活動停止突入翌日、今日からもう使える!Berryz工房の魂を受け継ぐ7つの挨拶

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP