ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

仕事がデキる人が絶対にやらない「10の行動」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「デキる人」と「デキない人」。
当然ながら、その差は持って生まれた才能や環境によるものじゃない。日常の些細な行動にある。もっと具体的に言えば「これはやらない」という、独自の禁止事項にある。

01.
「事実」ではなく
「解釈」で話す

仕事において報連相が大事なのは言うまでもないこと。問題はそのやり方だ。デキる人は「事実」を伝えることを重視し、デキない人は自分の勝手な「解釈」で伝えてしまう。だから、いくら報連相をしても、ズレが生じ、仕事がうまくいかない。
例えば、納期が遅れたことを上司に報告する時。
前者は「業者からの納期が1日遅れました。以前にも2回、こういったことがありました」、後者は「いつもいつもあの業者さんは納期が遅れるんですよ。もう大変です」といった具合。
その差は歴然だ。

02.
相手の意図を汲み取らず、
批判ばかりをする

仕事上のコミュニケーションで、相手のことを批判ばかりしているーーそれは非生産的であり、デキない人の典型だ。デキる人は、理不尽なことがあっても批判はしない。その言葉の裏にある相手の意図を汲み取ろうとする。「無茶苦茶なことを言いやがって!」ではなく、「なぜこの人は、無茶なことを言うのだろう?」と考える。

03.
過去の成功体験に
固執する

仕事がデキる人は快適さを避ける。なぜなら、心地の良い場所にいたままでは、自分が成長することができないことを知っているからだ。自分に負荷をかけることで、人は成長していくことができる。

04.
どんなに困難なことでも、
後回しにしない

物事は先送りにしないほうがいい。ほとんどの場合、先送りにしたところで問題が解決されることはないからだ。むしろ、対応が遅れると状況は余計に難しくなっていく可能性すらある。素早く対処して、物事を先送りしないクセを付けておこう。

05.
「何を言ってるか」ではなく
「誰が言ってるか」を重視

デキない人は意見に振り回される。それはなぜか? 理由は簡単だ。その意見が正しいか正しくないかではなく、誰が言っているかを重視するからだ。ゆえに決定事項にブレが生じる。一方、デキる人は、意見の中身のみを吟味する。当然、ブレることはない。

06.
時間がないことを
言い訳にする

「時間がないからできない」という言い訳は、たいてい嘘だ。もちろん、絶対的に時間が足りないこともある。しかし、デキる人は根本的に「時間はつくるもの」と考えている。だから、そんな言い訳をしない。
ちなみに、「人手が足りない」「やったことがない」といった言い訳も同様だ。

07.
スケジュールを
頻繁に変更する

仕事上、スケジュールの変更を余儀なくされることはある。しかし、デキる人は少なくとも、自分の都合でスケジュールを変えることをしない。時間や締め切りを上位概念として捉えているからだ。

08.
自ら他人を比較し、
優劣をつける

デキる人は、同僚と自分を比べたりしない。比較して得られるものは、コンプレックスや優越感をいったものにしか過ぎないから。
なにも競争をしていないわけじゃない。比較、評価は第三者がすることで、当事者がすることではないのだ。

09.
逐一誰かの許可を
取ろうとする

デキる人は、何かアクションを起こす際に、誰かに許可を取ろうとはしない。スピード感が重視される局面なら、尚更だ。
誰かにお伺いを立ててることは、進行を遅らせるし、その誰かに依存していることになる。

10.
わからないことを
知ったかぶりをする

「知っている」「やったことがある」「聞いたことがある」。これらの言葉を安易に発するのは危険だ。プライベートならいざ知らず、仕事上の知ったかぶりは後でバレる可能性が高いし、自分で対処できない責任を背負ってしまうことも。
わからないことは、わからないと言う。デキる人は、謙虚で素直だ。

 

関連記事リンク(外部サイト)

【ビジネスマン必見】目標を達成できない人が、やりがちな「15の間違い」
史上最年少CEOは9歳!世界で活躍する12人の「子ども実業家」
【後編】僕が2人の億万長者から盗んだ、成功に欠かせない「20の習慣」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP