体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

バルセロナ独立?日本が知らないスペインが抱える民族問題とは

IMG_5885_Fotor

Yusuke Saito「バルでタパス食べまくって食い倒れ!噴水ショーに感激しすぎて頭がおかしくなりそうだった件。〜世界一周おふくろの味巡りの旅バルセロナ編

TRiPORTライターの濱松です。
バルセロナには、サグラダファミリアを代表とするガウディの作品やおしゃれなバル、世界的に大変貴重な作品が展示してあるミュージアムなどがあり、いくらいても飽きないほどの魅力が詰まっています。そんなバルセロナのきれいな街並に魅了されながら歩いていると、スペイン国旗ではないある旗を多く見かけるのです。あれはなんだと、スペイン人に尋ねてみると、カタルーニャ州旗とのこと。すると、そのスペイン人がカタルーニャ州旗を掲げる理由について、熱く説明してくれました。

“バルセロナに住む50%のスペイン人は、カタルーニャ人です。そして、カタルーニャ人は、バルセロナを州都として、スペインからの独立を希望しているのです。もちろんん、独立したとしてもEUとの関係など、様々な問題が待ち受けていることも知っています”

じつは多民族国家のスペイン

赤い部分がカタルーニャ州(Wikipedia)

赤い部分がカタルーニャ州(Wikipediaより)

カタルーニャ州は、バルセロナを州都とし、北東部に位置するスペインの自治州です。そして、カタルーニャ人は、カタルーニャ語を話して暮らしています。バルセロナを観光していると、スペイン語・英語とともにカタルーニャ語の表記を見かけるでしょう。他にもスペインの南に位置するアンダルシア州にはグラナダやセビリヤという都市があり、彼らはアンダルシア語を話しています。このように、スペイン人といってもひとくくりにできず、様々な民族の集合体であることがわかります。それもそのはず。もともとスペインは、複数の国が結合してできた国なのです。

DSC03256_Fotor

Yusuke Saito「バルでタパス食べまくって食い倒れ!噴水ショーに感激しすぎて頭がおかしくなりそうだった件。〜世界一周おふくろの味巡りの旅バルセロナ編

そして、強い独立心を持つカタルーニャ人に対し、スペイン政府はカタルーニャ語や民族運動の禁止など、たびたび弾圧を実施しています。なぜならカタルーニャ州は、スペインで最も平均GDP(国内総生産)が高い地域で、2012年にはEUの平均GDPも超えるほどでした。そんな大切な収入源を、スペイン政府は手放したくないのです。

バルサVSレアルの背景

引用元:Flickr by MOMENTSCAPGROSSOS

Photo credit:Flickr by MOMENTSCAPGROSSOS

1 2次のページ
Compathyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会