体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

機動戦士ガンダムコラボレーションモデル登場! 「見せてもらおうか……デジタルメモ“ポメラ”の性能とやらを」

『ポメラ』DM11G

キングジムから12月10日に発売される、デジタルメモ『ポメラ』機動戦士ガンダムコラボレーションモデルである『ポメラ』DM11G。『機動戦士ガンダム』とポメラのコラボレートということで、ガジェット通信編集部は早速偵察任務に乗り出した。樹堂行きます!

・ポメラ ガジェット通信に立つ!!
今回発売されるのは『“シャア・アズナブル”モデル』、『“ランバ・ラル”モデル』、『“ジオン軍”モデル』の3タイプ。各モデル事に、パッケージ、トップパネル、ケース、キーボードデザインが違うので、どれが良いか迷ってしまう……。そんなあなたに各モデルの特徴を紹介したい。

ジオン軍モデルパッケージ ジオン軍モデル

『“ジオン軍”モデル』
ジオン軍モデルはジオン軍制式ツールをイメージして作られている。ジオン軍のエンブレムとザクのモノアイをデザインしたポメラとなっている。キーボードもジオン軍をイメージしており、Enterキーにはジオン軍マーク。キーボードの文字もジオン軍を専用ケースには、ジオン軍のマークと『Zeon』の文字。パッケージはザクIIが描かれている。「ジークジオン!」とつい叫んでしまわないように気をつけよう。

ランバ・ラルモデルパッケージ ランバラルモデル

『“ランバ・ラル”モデル』
「ザクとは違うのだよ! ザクとは!」と聞こえてきそうな“青き巨星”ランバ・ラルモデル。こいつ違うぞザクとは! デザインもパッケージも! ということでランバ・ラルが搭乗していたグフのカラーである青色のデザイン。グフの武器『ヒートロッド』とランバ・ラルのパーソナルマークをデザインしたポメラだ。もちろんEnterキーにはパーソナルマーク。パッケージは、凛々しいグフの姿となっている。

シャア・アズナブルモデルパッケージ シャア・アズナブルモデル

『“シャア・アズナブル”モデル』
赤い彗星のシャアをイメージした本体には、1年戦争の際にシャア・アズナブルが搭乗した機体のモノアイと、シャアのパーソナルマークがデザインされている。本体も赤く、キーボードも赤い。流石はシャア専用、と言ったところか。パッケージは、ザク・バズーカを装備したシャア専用ザクだ。認めたくないものだな、このポメラに惹かれているという事実を。

1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。