ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ビョーク、最新アルバム「ヴァルニキュラ」国内盤4/1発売&大回顧展がMoMAにて開催

DATE:
  • ガジェット通信を≫

©2015 Inez and Vinoodh.Image courtesy of Wellhart/One Little Indian
今年1月に突如全世界のiTunesでニュー・アルバム「ヴァルニキュラ」をリリースしたビョーク。前作「バイオフィリア」以来4年振り8作目となる本アルバムの国内盤が4月1日に発売されることが決定した。パッケージの初回限定特典として、衝撃的な絵柄の4パネルの紙ジャケットと特殊スリーヴケースが発表された。

今作は、アルバムの完成を発表してから間もなく、急遽デジタル先行で1月にリリースされた。自らが“ハートブレイク・アルバム”と称しているように、愛する人との決別を生々しく描いた作品。ビョーク本人が長年連れ添ったパートナーとの別れを時系列順に辿っているという、これまでのビョークの作品には見られなかったリアルな題材が大きな話題となっている。

サウンド面では、若き鬼才プロデューサーとして注目を集めているアルカ(カニエ・ウエスト、FKAツイッグス)やハクサン・クローク(UK出身の実験的アーティスト)と共同プロデュース&作詞作曲が行われ、ストリングスのアレンジメントも全編にわたってビョーク自らが担当。“ここ10年でベストな作品”(Stereogum)、”勇敢であり、美しく、感動的なアルバム“(英NME)などとメディアからも絶賛。突然のリリースであったにもかかわらず、全世界26カ国のiTunesチャートで1位を獲得するなど注目を集めている。

さらにアルバムの発売に合わせ、3月8日から約3カ月間にわたりニューヨーク近代美術館(MoMA)にて、これまでのソロ・キャリアを網羅した大回顧展が開催される。1993年にアルバム「デビュー」でソロ・キャリアをスタートさせてから20年強を、音楽のみならず映像、写真、衣装、楽器などで表現した巨大なエキシビションとなっているという。前作「バイオフィリア」で使われた名物楽器テスラ・コイルや、クリス・カニングハムが監督した「オール・イズ・フル・オブ・ラヴ」のミュージック・ビデオに登場するロボット、そして第73回アカデミー賞でビョークが着たかの有名なスワン・ドレスなども展示される。

回顧展では、「ヴァルニキュラ」に収録されている10分超の大曲「ブラック・レイク」の映像インスタレーションも設置される。アイスランドで三日間かけて撮影されたというこの映像の全編は、この回顧展でプレミアされる。ビデオのトレイラー映像がYouTubeにて公開されている。

今週末3月7日からは、カーネギー・ホール公演を皮切りにニューヨークで公演が幾つか決定しており、6月にはニューヨークで開催されるガバナーズ・ボール・フェスティバルのヘッドライナーを含むフェス出演も既に幾つか発表されている。

「ブラック・レイク」トレイラー映像

リリース情報

アルバム「ヴァルニキュラ」
2015年4月1日発売
2,400円+税

初回限定仕様特典:豪華紙ジャケット/特殊スリーヴケース付き
<トラックリスト>
1.ストーンミルカー
2.ライオンソング
3.ヒストリー・オブ・タッチズ
4.ブラック・レイク
5.ファミリー
6.ノットゲット
7.アトム・ダンス
8.マウス・マントラ
9.クイックサンド

ニューヨーク近代美術館回顧展
2015年3月8日~6月7日 ニューヨーク近代美術館(MoMA)
サイトURL:http://www.moma.org/visit/calendar/exhibitions/1501

関連リンク

■ビョーク 海外オフィシャルサイトhttp://bjork.com/
■ビョーク ソニー・ミュージックオフィシャル・サイトhttp://www.sonymusic.co.jp/bjork/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP