ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

樹なつみ初の時代劇&グルメマンガ『一の食卓』1巻3月5日発売 書泉全店でフェア開催

DATE:
  • ガジェット通信を≫

マンガ家・樹なつみが初めて挑む、時代劇&グルメマンガ『一の食卓』第1巻(630円)が3月5日に発売されることを記念し、同日から書泉全店でフェアが開催される。

【関連:ゴクリ……NEXCO東日本『孤独のグルメ』コラボして番外編『孤独のドラめし』配布】

期間中『一の食卓』1巻を購入すると、フェア特典として樹なつみの書泉オリジナル特典イラストカードがプレゼントされる。また、フェア開催フロアでは、1巻の複製原画の展示も行われる。

■フェア情報
フェア名称: 『一の食卓』1巻発売記念フェア
開催期間: 2015年3月5日(木)~2015年4月3日(金)
開催場所: 書泉ブックマート2階(神保町) / 書泉グランデ2階(神保町) / 書泉ブックタワー7階(秋葉原)
※フェア特典は、対象商品に封入。

■『一の食卓』ストーリー
日本人にとっての「はじめて」が西洋から雪崩れ込む明治4年。
東京・築地の外国人居留地にある「フェリパン舎」で働く少女、西塔明はひょんな流れから、謎の男=藤田五郎を紹介され、一緒に働くことになる。
一見怖いが、明が作ったパンを、初めて残さず食べてくれた日本人…。だがその男こそ、かつて「壬生の狼」と恐れられた新選組・三番隊隊長=斎藤一、その人だった!!

カテゴリー : エンタメ タグ :
おたくま経済新聞の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP