ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

木田優夫vs原辰徳。野球ができる幸せを噛みしめる、最後の一球を見逃すな!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

木田優夫vs原辰徳。野球ができる幸せを噛みしめる、最後の一球を見逃すな!

 3月4日、巨人vs日本ハムのオープン戦(札幌ドーム)で、ある野球人の引退式が行われる。その野球人とは、昨季までBCリーグ・石川ミリオンスターズに所属し、惜しまれつつ現役を引退した木田優夫日本ハムGM補佐だ。

 今回の引退式では、木田GM補佐が日本ハム時代の背番号「42」をつけて投手としてマウンドに上がり、巨人の原辰徳監督を打席に迎えて「最後の1球」を投じる予定だ。捕手は木田GM補佐と同い年で、今季も選手兼バッテリーコーチとして現役を続ける中島聡(日本ハム)が務めることになっている。

 日米8球団に所属した木田GM補佐だが、プロ野球選手の第一歩は1987年に入団した巨人。そして、NPBの球団と最後に契約したのが、2010年から3年間所属した日本ハムだった。

 昨年9月に所属していたBCリーグ・石川で華々しく引退試合を行ってはいるものの、「やはりNPBで最後の舞台を」ということで日本ハムから巨人に打診。原監督がこれを快諾して、古巣2球団による引退式が実現することになったのだ。

 木田GM補佐と原監督は、巨人時代に9年間、現役を共にしている。そして、当時の“木田投手”は、プロ野球選手として大切な心構えを“原選手”から教わったという。

 自著『木田優夫のプロ野球選手迷鑑』の中に、そのエピソードが収められている。一部抜粋しよう。

《ある試合で僕が打たれた後、「自分の好きなことでこれだけ悩めるのは幸せなことだ、というのを忘れるな」と言われた。以降、打たれて凹んだ時は、「野球ができてることは幸せなこと」という原サンの言葉を思い出す》

 木田GM補佐にとっては、この引退式が「野球ができる幸せ」を実感できる最後の機会になるのかもしれない。

 スマホマガジン『週刊野球太郎』では、プロ野球開幕へ向けて、みどころや最新情報を配信中。また、センバツ開幕直前に、あの高校野球マニアの女性アイドルへスペシャルインタビューを公開! お楽しみに!

 『高校野球&ドラフト候補選手名鑑 for auスマートパス』では3月21日に開幕するセンバツ甲子園に出場する注目選手を詳しく解説! この選手名鑑は『週刊野球太郎 for ドコモSPモード』内にも新メニューとして追加しました!

 さらに新刊『野球太郎Special Edition プロ野球選手名鑑+ドラフト候補名鑑2015』は、高校、大学、社会人、独立リーグ、プロ合わせて1500名掲載の選手を紹介! 究極の日本野球選手名鑑です。

※リンクが表示されない場合は、http://yakyutaro.jp/をコピーしてアクセスしてください。
※『週刊野球太郎』はauスマートパス、Yahoo!プレミアム、ドコモSPモードに対応、『高校野球&ドラフト候補選手名鑑』はauスマートパス、ドコモSPモードに対応しています。

■関連リンク
ムネリンのライバルとなる選手たち
野茂英雄氏の息子に注目集まる
異色の選手名鑑の詳細に迫る

カテゴリー : エンタメ タグ :
Scoopie Newsの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。