ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

GILLE、アイマス「READY!!」英語カバーでアルスマグナと共演

DATE:
  • ガジェット通信を≫

本日リリースとなる、アニソン・アンセム曲の英語カバーで送るGILLE最新アルバム「I AM GILLE. 4 ~Anime Song Anthems~」。この収録曲からTVアニメーション「アイドルマスター」オープニング・テーマとしてアニソンファンのスーパーアンセムとなっている「READY!!」の動画で、“2.5次元コスプレダンスユニット”アルスマグナと共演した動画が公開された。

アルスマグナは2011年に結成、そのシンクロ率120%絶頂キレキレダンスがニコニコ動画で大ブレイク、彼らが投稿した動画の総再生回数は1,300万回を超え、2014年の“踊ってみた”ダンスグループ動画再生数No.1アーティストとして君臨する2.5次元コスプレダンスユニット。一度見たら目が離せないそのパフォーマンスに中毒者が続出し、この2月18日にリリースされたメジャーCDデビュー作「ミロク乃ハナ」は3/2付 オリコン・シングルウィークリーチャートで9位にランクインするなど、新たなシーンを牽引する新旗手として各方面から大注目が集まっている。

元々動画サイトからシーンに登場したGILLEも彼らのハイエナジーなパフォーマンスに早くから注目、今回の収録楽曲の中でもひときわ煌めきと華やかさを持っている「READY!!」での共演を熱望し、彼らに出演をオファー。同じレーベルメイトであることもあり、アルスマグナからの快諾を経て今回のコラボレーションが実現したという。

ダンス・パフォーマンス制作は彼らのオリジナリティあるダンス・フォーメーションに大きくシンパシーを感じたGILLEが、アルスマグナ・メンバーサイドに完全一任。メンバーの九瓏ケントからダイレクトに授業を受け、まさにキレキレのアクティブな動きをマスターしていった。

動画はそのパフォーマンスをさらに盛り立てるかのようにレーザー光線やムーヴィング・ライト、楽曲にシンクロするモーション動画を駆使した超絶ゴージャスな映像に仕上がっている。撮影はそのシチュエーションも手伝い終始高いテンションで進行、定点カメラの1カットで見せる90秒は楽曲の持つファンタジー感さながらの異空間へと誘ってくれる。

なお、アルバム「I AM GILLE. 4 ~Anime Song Anthems~」は本日3月4日より、iTunes他にて全世界251ヶ国同時配信がスタートする。

九瓏ケント氏(アルスマグナ)コメント
GILLEさんとお会いして、最初はほんわかした印象を持っていましたが、一緒に踊っているときにアーティストとしての鋭さのようなものを感じ、かわいさと、カッコ良さの両面を持ち合わせている方だな・・と思いました。
笑顔がとても素敵でした!

GILLE コメント
アルスマグナの皆さんと一緒に踊らせていただいてまるで自分がファンタジーの世界にいるような気分になりました! 5人それぞれに魅力的なキャラクターがあって、イケメンで、パフォーマンスのキレが素晴らしかったです!
フォーメーションが決まっているダンスを踊るのは初めてでしたが皆さんがやさしくフォローしてくれたので、本当に楽しく撮影することが出来ました。
今度はぜひライブでご一緒させていただきたいです!

GILLE – READY!! with アルスマグナ

GILLE「I AM GILLE. 4 ~Anime Song Anthems~」特設サイト
http://sp.universal-music.co.jp/gille/

アルスマグナ 公式サイト 私立九瓏ノ主学園
http://ars-magna.jp/

リリース情報
アルバム「I AM GILLE. 4 ~Anime Song Anthems~」
2015年3月4日発売

初回盤(CD+DVD)UPCH-9981 2,700円(税込)

通常盤(CD)UPCH-2018 2,000円(税込)

関連リンク

GILLE オフィシャルサイトhttp://www.universal-music.co.jp/gille
GILLE on YouTubehttp://www.youtube.com/user/GILLEsound
GILLE facebook:http://www.facebook.com/GILLEsound
GILLE twitter:https://twitter.com/GILLEsound

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP