ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

広告代理店の先輩に「自己PR文」の添削を頼んだら、とんでもなく盛られてしまった件

DATE:
  • ガジェット通信を≫

就活ではエントリーシートを書いたり面接をしたりするときに、「自己PRをして下さい」と言われる場面が多々あります。「私は○○な人です→なぜなら~(以下そのことを証明するエピソード)…」という形で、自分をアピールするのが一般的なようです。(文:ユズモト)
「バカ野郎! 社会人になったらな…」

私は就活中、広告代理店に勤める先輩に自己PRの添削をお願いしたことがあります。最初に渡した文章は、よくあるこんな内容のものでした。

「私は目標達成のために努力できる人です。サークルで宴会担当をやっていた私は『低予算で楽しめる宴会にしよう』と考えました。そのために、安くておいしいお店を探し、ゲームを企画。その結果、仲間たちに楽しんでもらえる宴会を企画できました」

しかし、後日先輩から返ってきた文章は、このような内容になっていたのです。

「私は目標を必ず実現させます。サークルの学祭イベントを企画する際に『50万円以上の売上をあげる』と目標を立てました。他サークルにも声をかけ資金を募り、参加費1人2000円、300人規模のイベントを企画。その結果、約60万円の売上をあげることができ、10万円以上の利益も出せました」

低予算が高売上へと、エピソードが180度変わっている! そして、私が「人望と行動力に満ち溢れたものすごい人」みたいになっている…。確かに学祭で屋台をやって利益が出たこともあるけど、それは別に私の功績ではないんだけど。

それを見て「いや、私こんなすごい人じゃないので、これはちょっと…」と言うと、いきなり「バカ野郎!」と怒られました。先輩いわく、

「社会人になったら、大して良くないと思う商品でも、良く見せて売り込まなきゃいけないこともあるんだぞ! 一番身近な商品である自分自身を売り込めなくてどうするんだ!」

何だか、すごく納得したのを覚えています。自己PRは、時には多少エピソードを「盛る」ことも必要なのかも知れませんね。特に、広告代理店や営業職なんかは。

ただし、面接中に「ホント?」と突っ込まれても大丈夫なように、綿密にエピソードを練っておく必要があります。ウソがバレれば最悪、後で内定取消になるので。ちなみに、せっかく添削してもらった「盛り盛り」なPR文、面接でボロを出す気しかしなかったので、結局私は一回も使いませんでした…。

あわせてよみたい:「親の価値観」に染まった就活生は不幸になる理由
 

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
キャリコネの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP