ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ヴァン・ヘイレン、究極のライヴ・アルバム「ライヴ・イン・ジャパン」4/1発売決定

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ヴォーカルにデイヴィッド・リー・ロスを迎えて、2013年6月21日に東京ドームで行われた、ヴァン・ヘイレンの最新、そして究極のライヴが2枚組のライヴ・アルバム「ライヴ・イン・ジャパン」として4月1日に発売される事が決定した。

このライヴは、デイヴィッド・リー・ロスがヴォーカルを担当した7枚のアルバムから選ばれた、23曲によるパフォーマンスをそのまま収めたもので、ヴァン・ヘイレンのライヴ・アルバムとしてもデイヴィッド・リー・ロスのヴォーカルによる作品は、初リリースとなる。

また、ヴァン・ヘイレンの初期のオリジナル・アルバム6枚も最新デジタル・リマスターで順次登場する予定。ヴァン・ヘイレンは、1978にその衝撃的なデビュー・アルバム「炎の導火線」で、圧倒的とも言える大成功を収め、ハード・ロックのあらたな世界を切り開き絶対的な地位を築き、そして、その6年後に発売した「1984」では、さらに高い圧倒的な地位に上りつめたスーパー・グループ。両方のアルバムとも全米だけで1000万枚以上のセールスを上げ、全米レコード協会(RIAA)のダイアモンドに認定される実績を上げている。

そのヴァン・ヘイレンは、近年、その両作品のオリジナル・テープからのリマスタリングを施した最新の音質でワーナーミュージックからのリリースが予定されている。

ロックの歴史上もっとも偉大なデビュー・アルバムとも言われる、ファースト・アルバム「炎の導火線」は、1978年のロック界に、11曲の豪快なナンバーで嵐を巻き起こした。それは、ロックのラジオ番組でもっともオン・エアされ、コンサートの鉄柵を熱で変色させたとも言われる「悪魔のハイウェイ」「叶わぬ賭け」や「ジェイミーの涙」、そしてバンドの代名詞とも言える。ザ・キンクスのカバー「ユー・リアリー・ガット・ミー」、そして「暗闇の爆撃」では、炸裂するエディ・ヴァン・ヘイレンのライトハンド奏法に耳を奪われた。そして、その6年後にして5枚後の「1984」には、世界でもっともビッグなグループの一つとなり、「ジャンプ」「パナマ」そして「ホット・フォー・ティーチャー」というバンドを代表するNo.1ソングを収録している。

今回のマスタリングは、バーニー・グランドマン・スタジオのクリス・ベルマンが担当。バンドの求めたオリジナルのサウンドを追及するため、クリス・ベルマンはアナログテープに戻って、そこからCD、アナログ、そしてデジタル配信の音源をあらたに制作している。リマスタリングされた4枚の作品 「伝説の爆撃機」(VAN HALENⅡ)、「暗黒の掟」(WOMEN AND CHILDREN FIRST)、「戒厳令」(FAIR WARNING)、「ダイバー・ダウン」もあわせて近日発売となる予定。

「ライヴ・イン・ジャパン」と新たにリマスターされた「炎の導火線」と「1984」をセットにした「ライヴ・イン・ジャパン<デラックス・エディション>」も発売。さらに輸入盤ではLPも登場する予定となっている。

リリース情報

アルバム「ライヴ・イン・ジャパン」
2015年4月1日発売
WPCR-16381/82 2,700円(税込)

収録曲
(Disc 1)
1アンチェインド
2悪魔のハイウェイ
3シーズ・ザ・ウーマン
4アイム・ザ・ワン
5タトゥー
6エヴリバディ
7サムボディ・ゲット・ミー・ア・ドクター
8チャイナ・タウン
9ヒア・アバウト・イット・レイター
10オー・プリティ・ウーマン
11ドラム・ソロ
12ユー・リアリー・ガット・ミー

(Disc 2)
1踊り明かそう
2ウェイト
3ロックン・ロール・ベイビー
4ホット・フォー・ティーチャー
5ウィメン・イン・ラヴ・・・
6ロメオ・デライト
7ミーン・ストリート
8ビューティフル・ガールズ
9アイス・クリーム・マン
10パナマ
11暗闇の爆撃
12叶わぬ賭け
13ジャンプ
収録2013年6月21日東京ドーム

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP