ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

同棲カップルに”リアル生活費事情”をぶっちゃけてもらった

DATE:
  • ガジェット通信を≫

大好きな恋人と憧れの同棲。楽しいこれからの生活に思いを膨らますのもいいが、同棲を始める前にしっかり話し合っておきたいのが、生活費について。世の同棲カップルたちはどうやって決めているのだろうか?

同棲カップルにリアルな生活費事情をぶっちゃけてもらった

今回は筆者の友人である3組の同棲カップルに、リアルなお財布事情を聞いてみた。CASE1.彼氏(38才)&彼女(32才)新宿区在住

・職業
彼氏:マーケティング系会社員 彼女:美容系会社員

・収入(2人分)
約500,000円

・家賃
120,000円

・生活費内訳
光熱費30,000円/食費40,000円/日用品など生活費10,000円

・生活費の分担
すべて折半。家賃と光熱費は彼がまとめて支払い、計算後折半して彼女が彼に払う。食費と生活費はほぼ彼女が買い物。その都度折半して彼が彼女に払う。CASE2.彼氏(25才)&彼女(25才)武蔵野市在住

・職業
彼氏:ウェブ関係 彼女:フリーライター

・収入(2人分)
約450,000円

・家賃
85,000円

・生活費内訳
光熱15,000円/食費20,000円/日用品など生活費10,000円

・生活費の分担
基本、生活費に関しては彼氏が負担。家賃&光熱費は彼氏が支払い、食費&生活費は月々3万円を彼氏が彼女にお金を渡してやりくり。CASE3.彼氏(28才)&彼女(28才)板橋区在住

・職業
彼氏:会社役員 彼女:派遣社員

・収入(2人分)
約700,000円

・家賃
92,000円

・生活費内訳
光熱25,000円/食費は完全に別/日用品など生活費10,000円
・生活費の分担

家賃は2人で折半。光熱費は彼氏、日用品は彼女負担。食費については普段から互いに外食派なので自宅での食事は、ほぼ皆無。一緒に外食した時は彼氏が支払う。

CASE1は家賃も生活費もすべて都度折半するタイプに比べ、CASE2は、彼氏がほとんど支払っている。結婚間近なこともあり、将来を見据えて彼氏が生活費全般を負担しているようだ。生活費は抑え気味だが、それぞれの趣味にお金をかけているとのこと。

彼氏の方が多めに支払っているCASE3は、ほとんど自宅で食事を摂らないという外食中心生活。「一応光熱費は彼だけど、払い忘れとかあると私が支払っています」とのことで、実際はもう少し彼女の支払いは多いそう。

お金の問題は、後々もめると面倒なもの。同棲を検討している人は、これらの事例も参考にしながら、しっかり話し合ってから同棲生活をスタートさせることをオススメしたい。

(ミノシマタカコ+ノオト)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
CHINTAI情報局の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP