ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

日本でも流行する!?いつでも引っ越し可能な、コンテナハウスに建築家が注目するワケ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

移動の時代。その象徴は、LCC(ローコストキャリア)だったり、ノマドというキーワードだったり。

そこに新たに加えたいのが、ここで紹介するコンテナハウスです。

貨物用コンテナを利用した件の住宅は以前からありますが、どちらかと言えばチープなイメージでした。しかし、ここにきてそのシンプルな構造にデザインを加えることでモダナイズドされた住宅が続々登場中。アメリカや北欧地域を中心に俄然盛り上がりを見せているのです。

元来、コンテナハウスはそれ自体がとても丈夫なので、柱を立てる必要がありません。そのため内部スペースを最大限活用できるようになっており、建築家やデザイナーとしては格好の「キャンバス」に。自然にとけ込むようなナチュラルな雰囲気のコンテナから、ビビッドなカラーリングでポップに仕上げたコンテナまで。
今やコンテナハウスは、チープではなく、オシャレへと昇華しています。なによりも移動の時代に相応しく、コンテナハウスは引っ越しも簡単。いざとなったら吊り上げて、トラックに載せれば、家ごと移動させることが可能です。

日本でも販売しているメーカーがあるようなので、これから増えてくるかもしれませんね。

関連記事リンク(外部サイト)

【決めつけんな!】1人っ子に、言ってはいけない「8つのコト」
「長続きするたった1つの愛は、片想い」ドキドキする恋の名言・40選
ひとり暮らしをスタートして、はじめて気づいた「8つの真実」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP