ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

制作費2000万円。元女性キャスターが自腹を投じてでも伝えたかった中国大気汚染の実態とは?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

私がやらずして誰がやる!

2015年2月28日、中国で公開されたあるドキュメンタリー映像が大変な話題を呼んでいる。国営放送の中国中央電視台の元ニュースキャスター柴静(チャイ・ジン)さんが、身銭(約2,000万円)を切ってでも伝えたかった思いとは・・・。

約100分程の動画のなかに、彼女の切実なメッセージが込められている。

柴静さんがテーマに掲げたもの、それは中国における大気汚染問題だ。この問題に正面から取り組み、政府や企業、管理監督機関に至るまで、名指しで告発した。

告発の根拠となるデータも、中国科学院や環境保護局、北京大学や精華大学などの一流の研究機関の数値を用い、信ぴょう性も非常に高い。

彼女は単に膨大なデータを集めただけではない。大気汚染に関与していると思われる組織や企業などに、直接インタビューを敢行。そのほとんどが実名や本物の画像で構成されている。

政府による検閲や情報統制、言論の自由が疑問視されるこの国において、彼女の衝撃的な映像は作品の価値以上のものがあったのはずだ。

彼女を取材へと突き動かしたもの

1976年山西省で生まれた柴静さん。中国湖南省にある長沙大学を卒業し、地方のラジオ局で司会を務めた後、1999年に中国中央電視台に入社。ニュースキャスターとして全国区の人気を誇った。

彼女には、生後すぐに呼吸器系の病気を患った子どもがいる。子どもの病気と大気汚染との因果関係は不明だが、環境問題について取材を始める大きなモチベーションとなったのも事実だという。

このドキュメンタリー映像「穹顶之下(碧空の下)」は、公開1日でアクセス数は599万件を超え、6万以上の「いいね」を得た。

たったひとりの勇気ある行動が民衆の胸を打つ・・・。多くの中国人民が願って止まないことだったのかもしれない。

 

Reference:YouTube
Reference:swanbridgepartners

関連記事リンク(外部サイト)

【衝撃の写真】30年で「モンゴルの砂漠化」が、いかに深刻化しているか
今も消えない「豊島事件」の残骸、瀬戸内海に浮かぶ島に隠された負の遺産
「見殺しになんて、できなかった」30人以上の捨て子を育てた、女性の人生に心が温まる

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP