ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ボクらの“老後”は何年間?

DATE:
  • ガジェット通信を≫


ハードな毎日に、「はやく、隠居してのんびり暮らしたい…」なんて思ったことがある人も多いのでは? では、ボクらが高齢者になった頃には、どんな未来が待っているのか。医療も発達しているハズの30年後、果たしてボクらの寿命は伸びている? それとも!?

●未来の健康と生活を守る方法とは…

【もっと大きな画像や図表を見る】

これからも長く付きあい続けることになる自分の体。「日本は長寿国」なんていわれていますが、そもそも現在の日本人の寿命はどれくらい? 

「厚生労働省『平成24年簡易生命表』では男性が79.94歳、女性が86.41歳。日本の平均寿命が伸びている理由は、高度成長期を経て、衛生状態が非常によくなったことや、栄養状態がよくなったこと、医療全体の水準が上がっていることなどがあげられます」

そう教えてくれたのは、臨床栄養学や高齢者栄養学などが得意分野の、管理栄養士・平井千里さん。ということは、今後も平均寿命はグングン伸びるのでは!?

「いえ、今後は横ばいか、悪くすると短くなるのでは…と考えています。高度成長期前は、衛生環境が悪く、これを整えることで平均寿命が伸びて行きましたが、衛生環境が整った現在ではそれも頭打ち。何よりも悪いのは、日本人のなかには、忙しさを理由に健康への気づかいを忘れている人が増えていることです」

なんと! これまでの「長寿国」の実績の上にあぐらをかいていると、意外と早く寿命を迎えてしまうってこと!?

「病気になってから考える医療と違い、生活習慣の乱れは健康なうちからゆっくりと時間をかけて体に影響を与えるので最終的なダメージが大きくなります。また、今後の自分の体を考えるなら、生きている期間をさす寿命だけではなく、元気でいられる期間をさす“健康寿命”にも注目してください。健康寿命とは、認知症をはじめ、体に大きな異常がなく、普通の生活を送ることができる期間のことで、厚生労働省『平成24年簡易生命表』では男性 70.42歳、女性 73.62歳となっています。先の平均寿命と健康寿命の差を見てみると、男性:9.52年、女性:12.68年で、この差は“寝たきり等で介護が必要な期間”となるわけです」

うーん。暴飲暴食など、生活の乱れに心当たりのある人は要注意。では、カンタンに健康を保てる技術の誕生は、まだまだ先の未来?

「現在の遺伝子学に、その人の体質を遺伝子から読み取るという技術があり、すでに一部では実用もされています。たとえば、太りやすい・痩せやすい、肺がん・胃がん等の部位別にがんのリスクの有無といった情報が遺伝子には記録されており、数十年後には誰もが自分のリスクを正確に把握できるようになるかもしれませんね。しかしリスクがわかったとしても、その時に不健康では手遅れ。今から健康で一生を過ごすためにどうしたらよいのかを考えて行動することが大切です」

「若いころから健康に気づかっていれば…」なんて、後悔はしたくありませんよね。

「特に20代の人は健康そのものであり、多少の無理をしても翌日に大きな影響が出ない人がほとんどです。しかし、今、無理をすると10年後、20年後、30年後にその影響が出ます。未来の自分を守るためには、今から体を守ることが大切です」

何もしなければ、長生きは難しいというこれからの未来。30年後にも健康であることが約束されていないとなれば、今から体に気を使うのはもちろん、もしも病気になったときのための準備も侮れないようです。未来に向けたリスクヘッジといえば「保険」ですが、とはいえ、食べるものに気を使ったり、ジム通いで運動したりと、「いざ」というときを迎えないための準備にも、これからはますますお金がかかりそう…。

そんな心配を抱えた人に紹介したいのが、東京海上日動あんしん生命から登場している「メディカルKit R」。保険を使わなければ、支払った保険料(※1)が全額戻ってきます(※2)。現在30歳の男性でシミュレーションすると、入院日数当たり5000円保障してくれる5000円タイプ(健康還付給付金のお受け取り年齢:60歳)に加入した場合、保険料は月額3,300円。入院給付金等の受け取りがなかった場合、30年後に戻ってくるのは118万8,000円。また、入院などで給付金を受け取った場合でも、差額が戻ってきます(※3)。しかも、保険料は加入時のまま変わらず、保障は一生涯。

「健康であり続けるため」と「病気になったときのため」の両方に備えることが大切になるこれからの未来。30年後、さらにその先まで自分の人生を続けていくためには、こんな保険を使いながら、自分の体のための上手なお金の使い方が重要になりそうです!

※1 被保険者が健康還付給付金受取年齢に到達する、年単位の契約応当日の前日までの既払込保険料相当額。主契約の保険料が対象となり、特約の保険料は対象となりません。
※2 被保険者が健康還付給付金支払日に生存している場合。
※3 お受け取りいただいた入院給付金等の合計額がお払い込みいただいた保険料を超えた場合、健康還付給付金のお受け取りはありません。

メディカルKit R
医療総合保険(基本保障・無解約返戻金型)健康還付特則 付加 [無配当]
<30歳男性のご契約例>
月払保険料:3,300円
入院給付金日額:5,000円(1入院60日/通算730日)
入院中の手術・放射線治療:5万円
入院中以外(外来)の手術:2.5万円
保険期間・保険料払込期間:終身(口座振替扱・クレジットカード払扱)
健康還付給付金受取年齢:60歳

(R25編集部)

ボクらの“老後”は何年間?はコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

関連記事リンク(外部サイト)

未来は明るい!? 30年後を覗いてみたら…
これから30年間に何が起こる!?
新入社員のNGファッション1位は
遅刻の連絡「メールでOK」51%
プロが選ぶ!作業効率化アプリ9選

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP