ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【旅する映画】10年の想いを越えて、2人が待ち合わせに選んだ場所

DATE:
  • ガジェット通信を≫

トモテラ 「トスカーナとウンブリア」より

TRiPORTライターのyokoです。
皆さんは最近、何か気になる映画はありますか? 映画好きな人なら特に、「あの映画に登場したあの場所に行ってみたい!」と思ったこともあるかもしれませんね。
今回は有名なあの映画の舞台となったフィレンツェドゥオーモについて詳しくご紹介します。

「冷静と情熱のあいだ」(2001年)

皆さんは2001年に公開されて話題となった、イタリアと日本を舞台にした甘いだけではないラブストーリーの「冷静と情熱のあいだ」という映画を覚えているでしょうか?

Ryoko Tabi 「一人旅でも楽しめるフィレンツェ☆」より /ミケランジェロ広場からみた景色

主人公:あおい(ケリー・チャン)/ 順正(竹之内豊)
原作:江國香織「きらきらひかる」「号泣する準備はできていた(直木賞受賞)」
&辻仁成「ピアニシモ」「海峡の光(芥川賞受賞)」
舞台:イタリア(ミラノ・フィレンツェ)/ 日本
主題歌:Wild Child , song by Enya

ストーリー

大学を卒業後、絵画の修復士を志しイタリアのフィレンツェの工房で学んでいた阿形順正(あがたじゅんせい)は、同じフィレンツェに住む芽実(めみ)という日本人の彼女にも慕われ、周りの人々から見たら一見順調な人生を歩んでいるようにみえた。しかし、彼の心の中には常に空虚感があった。香港からの留学生で、日本での学生時代をともに過ごし、深く愛し合いお互いを分かり合えた女性、あおいをいまだ忘れられなかった。

あるとき順正は、フィレンツェを訪れた友人の崇(たかし)から、あおいが同じイタリアのミラノにいることを知る。崇から得た情報をたよりにミラノを訪れてみると、あおいはアメリカ人ビジネスマンと生活を共にしていた。全く異なる人生をお互いが歩んでいることを知った順正は、日本に逃げ帰る。

Yoko 「イタリアLOVE!3都市に泊まるよくばり旅:)」より /ドゥオモのクーポラ。ここに登る約束をします。

順正の頭の中には、学生時代にあおいが言った「わたしの30歳の誕生日に、フィレンツェのドゥオーモのクーポラで会ってね。約束してね。」という言葉が常にあった。しかし、10年も前の約束をあおいが覚えているとは思えなかった。それにあおいがまだ順正のことを好きでいるはずはないと思っていた。

Wikipediaより引用

約束の場所「ドゥオーモ」

Yoko 「イタリアLOVE!3都市に泊まるよくばり旅:)」より /サンタ・マリア・ノヴェッラ駅

フィレンツェはローマから高速鉄道で1時間半。2015年2月現在、日本からの直行便は存在しません。(アリタリア―イタリア航空の直行便は、ローマ・ミラノ・ヴェネツィア行のみ)

映画の中で、主人公たちが再会の約束をしている場所はフィレンツェにあるドゥオーモです。その場所は、フィレンツェの中心駅・サンタ・マリア・ノヴェッラから歩いて15分ほどの場所にあります。小さな街なので主要スポットは歩いてまわることができます。ドゥオーモもその中心駅から近い場所にあります。

ドゥオーモとは、

1296年から約175年の歳月をかけて建設された大聖堂で、フィレンツェ共和国時代の宗教の中心。約3万人が一堂に会することができる大聖堂

AMO ITALIAより引用
のことです。正確にはそのドゥオーモの「クーポラ」が待ち合わせの場所です。

外観は優雅、内部は過酷

筆者撮影(2012年)

建物の内部はとにかく階段ばかりです。ほぼらせん階段で、通路はかなり狭くなっています。

筆者撮影(2012年)

たまに窓から外が見えるのが救い。後ろの人に迷惑がかからないように少しだけ休憩して、またすぐに登り始めます。

筆者撮影(2012年)

階段を上り始めるとほとんど待避所がないので、休憩できるとしたらココです。半分くらい進んだところに、とても美しい天井の絵を間近で観ることができる場所があります。

Tight Stairs in the Dome by Averain, on Flickr

頂上に向かうにつれて、階段の角度がきつくなってきます。想像以上に急な角度で作られています。最後のほうは手すりにつかまりながら必死に登っている人も…。「ここさえクリアすれば、あと少し…」という気持ちで最後の力を振り絞ると…!

頂上からの景色は圧巻

Yoko 「女子二人/はじめてのヨーロッパよくばり旅」より

写真では伝わらないほど素敵な景色です。実際に登ると実感できるとは思いますが、本当に頂上にたどり着くまでつらいです…。映画では、10年ぶりに会えるかわからない人を待つためにここまで来たなんて…。頂上までの苦労を思うと、降りるのがおしくなってしまいます。

大切な人と登れば登るまでの苦労と素敵な景色、どちらも共有することで、それもまた良い思い出になるかもしれません。映画の中の2人と、重ねてみたらロマンチックな気分になれるかも…。

入場についての詳細

筆者撮影(2012年) /入口の写真(※料金:写真では8ユーロとなっていますが現在は10ユーロです)

筆者が行ったときはかなり並んでいました。しかし、行列がないと、少しドゥオーモへの入り口はわかりにくいかもしれません。

2013年から円屋根=クーポラの入場を含む、下記の5施設が共通券となりました。
•料金 10ユーロ

•利用可能施設
1.クーポラ(円屋根) ← 上るのはこれです!!
2.洗礼堂(大聖堂前にある八角形の建物)
3.ジョットの鐘楼
4.サンタレパラータの地下聖堂(大聖堂内部の地下)
5.ドゥオーモ付属美術館(大聖堂の裏にあります)

AMO ITALIAより引用

元の写真:筆者撮影

左の写真にあるように、予約していけばスムーズに入場できます。価格も変わりません。
※予約できるサイトはこちら(日本語)

主題歌を聞いて映画の世界へ

最後に、主題歌をご紹介します。

EnyaのWildChild―日本では、Enyaの一番メジャーな曲でしょうか。自身の声を多重録音して曲作りをする彼女の声は、最初は不思議な心地がするかもしれません。

ヨガ教室などで使用されるような癒し系の曲なので、ぜひ一度聞いてみて下さい。
映画もぜひ、一緒にご覧ください。

~映画ロケ地の記事~
映画は見ているだけじゃつまらない!映画の舞台を巡る旅3選
【映画】あの名場面に登場したロケ地へ行ってみよう!映画の舞台5選

(ライター:Yoko Fujie)
Photo by: トモテラ「トスカーナとウンブリア

フィレンツェの旅行記はこちら

*トモテラ 「トスカーナとウンブリア
*Ryoko Tabi 「一人旅でも楽しめるフィレンツェ☆
*Chikako Murakami 「イタリア6都市巡り-3-フィレンツェ

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Compathyマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP