ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Google、Android 5.0の端末暗号化をデフォルト有効にすることを延期、パフォーマンス問題のため

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Android 5.0(Lollipop)では「端末の暗号化」機能がデフォルト有効になると、ワシントンポストが昨年 9 月に Google の広報担当者の話として報じていましたが、実際のところはパフォーマンスの問題によってまだ強制されていないことが明らかになりました。Android の「端末の暗号化」はアプリデータやメディアなどの全てのファイルをその端末でしか読めないようにするセキュリティ機能です。Android 4.4 まではデフォルト無効になっており、Nexus 6 や Nexus 9 ではデフォルト有効になっていますが、Google 以外のメーカー端末では無効になっている場合が圧倒的に多いようです。Google は Engadget からの質問に対して、パフォーマンスの問題でまだ OEM に対して端末暗号化機能の有効化を強制していないことを明らかにしました。Nexus デバイスでも端末暗号化の有無でストレージのパフォーマンスが大きく違うので、エントリーモデルなどのスペックの低い端末では無理があるのでしょう。Source : Engadget


(juggly.cn)記事関連リンク
Google、「連絡先(Google Contacts)」のリニューアルを発表、重複した連絡先の統合も可能に
Sony Mobile、アルバムアプリをv7.0.A.0.24にバージョンアップ、アプリアイコンをMaterial Desing化、CIFS/SFTPマウント機能「リモートシェア」も追加
Google、Chrome 42でAndroid 4.0(ICS)のサポートを打ち切り

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP