ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

平子理沙が実践「42℃のお湯に10分間つかるだけ」美容法

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 5年ぶりに発売した写真集『heaven』(ワニブックス刊)が2万部を超える大ヒットとなっている平子理沙(44才)。インターネット上では《顔全体のハリがすごい》《どうやってあのプロポーションを維持してるのか教えてもらいたい》など、そのルックスについて話題が尽きない状況になっている。

 平子が実践しているのは、42℃の熱めのお湯に10分間つかるだけ、というもの。この“42℃入浴”について、村上皮フ科クリニックの村上早織院長はこう解説する。

「“42℃”と聞くとかなり熱いと感じる人もいると思いますが、この温度で入浴すると、皮膚表面だけでなく体の奥深くまで温められ、筋肉がほぐれて血行がよくなり、肩こりや腰痛、手先の冷えやむくみの改善、疲労回復などに効果があるんです。もちろん、毛穴も大きく開くので、詰まった汚れもどんどん落ちていきますよ。入浴時間が長すぎると皮膚の乾燥につながることもあるので、10分程度が目安になります」

 疲れもとれて、汚れも落ちて、あとはシャワーを浴びて…という人も多いと思うが、ここでシャワーは使わないほうがベター。濱田皮膚科医院の中澤有里医師がこう警告する。

「高い水圧のシャワーで、汗や汚れを一気に流そうとすると、肌トラブルの原因になることがあるんです。入浴後は皮膚表面が柔らかくなっているうえ、特に顔の皮膚は体の他の部分より薄くて弱いため、強いシャワーを浴びるとバリアが壊れてしまうんです。

 例えば温泉で、肩がこっているからと打たせ湯を長時間続けていると、お湯が当たっていた場所がかゆくなったり、場合によっては痛くなったりすることがありますよね? 理屈はこれと同じです。シャワーで顔のバリアが壊れると、乾燥して小じわができやすくなりますし、皮膚表面が傷つくと、そこからバイ菌が入って炎症を起こし、ニキビなどにもつながります」

※女性セブン2015年3月12日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
顔の汗を抑えるには首や脇の下を冷やすのが効く
紐などでバストを固くしばると顔汗が減り、下半身汗が増加
88cmF乳アイドル ドレスのままシャワー浴び白下着スケスケ

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP