ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

照明器具のソケットに取り付けるAndroid搭載の「電球」Beam

DATE:
  • ガジェット通信を≫

照明装置のソケット(E26 または E27)に電球の代わりに取り付けるAndroidデバイスです。電源のインターフェイスが同時にデバイスの吊り下げ装置・固定装置にもなっているというアイディアがいいですね――と一瞬思ったのですが、そもそもこれは電灯と電球の仕様がいいのですね。それを上手に利用したというわけです。

スタンドに付けると壁に投影するのに便利だろう。

それはともかく、このBeamのディスプレイはプロジェクター方式なので、天井のソケットに取り付ければ、テーブルや床の上に画面が投影されます。アームが自由に動く電気スタンドに取り付ければ壁に投影することもできます。操作には手元のスマートフォンを使います。

さまざまなAndroidアプリを実行できますが、すぐ思いつくのは写真や動画を表示してみんなで楽しむという使い方でしょうか。アップルのAirPlayMiracastに対応しているそうです。
でも、Beamらしい使い方という意味では、常に決まった場所にあってスタンバイしている、という電灯のような性格を活かした用途が向いているはず。そのために、「IF」と「THEN」を定義しておいて自動実行させる機能を持たせています。たとえば、訪問者が来たら、ビデオメッセージを表示する。朝、家族がテーブルに着いたら、天気予報やスケジュールがテーブル上に表示されるといった具合。

部屋に設置してもいいと思わせるデザイン。

でもこれ、ChromecastとかApple TVとかNexus Player(Android TV)でいいんじゃないの?もうあるし。と思った方もいるかもしれません。まあそうとも言えますが、家の中のいろいろな場所に取り付けられるのがBeamのいいところではないでしょうか。LED照明としても機能するので、いままで付いていた電球の代わりに取り付けることができます。

トイレの電球と取り換えるのもいいかも知れません。もちろんスピーカーx2が内蔵されていますから、手元のスマホの音楽をキャストして楽しむといったこともできます。モーションなどで操作できるようになるともっとよさそうです。

製品名
Beam
メーカー
Beam Labs, Inc.
価格
$444~(2015年3月3日現在。日本への送料含む)
購入
Kickstarter

照明器具のソケットに取り付けるAndroid搭載の「電球」Beam

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
gearedの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP