ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

BlackBerry、デュアルカーブディスプレイとスライドキーボードを備えた新型BlackBerryのプロトタイプを公開

DATE:
  • ガジェット通信を≫

BlackBerry がスペイン・バルセロナで行われている MWC 2015 イベントで BlackBerry Leap を発表した後、湾曲形状のディスプレイとスライド型キーボードを備えた新機種の投入予定を明らかにしました。現地ではプロトタイプの実機も公開されています。この機種の名前はまだなく、発売時期も明らかにされていませんが、同社は “デュアルカーブ、フルタッチディスプレイ、キーボード付き” と端末の特徴を紹介していました。外観は過去に発売された BlackBerry Torch のようで、“デュアルカーブ” というのは、Galaxy S 6 edge のようにディスプレイの両サイドがカーブしたものです。単にカーブさせただけなのか、それともメイン画面から独立した表示領域を持つのかは判っていません。Source : Twitter


(juggly.cn)記事関連リンク
MWC 2015 : BlackBerry、「BlackBerry Classic」の新色(ブルー / ブロンズ / ホワイト)の投入を発表
MWC 2015 : BlackBerry、エントリーレベルのBlackBerry新モデル「BlacBerry Leap」を発表
MWC 2015 : Jolla、Sailfish OS 2.0でAndroidアプリとの互換性を改善、日本でも提供するつもり?

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP