ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

ダイエットにも効果アリ!アメリカで「バターコーヒー」が話題に

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
150302_bulletproof-coffee

コーヒーに入れるものと言えば、砂糖とクリーム。多くの人はそう答えるのではないでしょうか?しかし最近、アメリカで評判になっているのは、コーヒーにバターを入れるという飲み方。

以下の動画では、その「バターコーヒー」の作り方について詳しく説明されています。

このバター・コーヒーを生み出したのは、健康関連の情報を提供するサイト「バレットプルーフ」の創始者のデーブ・アスプレイ氏。シリコンバレーの起業家であるアスプレイ氏は、チベットを旅している時に出会った「バター茶」に着想をえたとのこと。バター茶とは、ヤクの乳で作ったバターをお茶に入れたもの。現地では伝統的な飲み方です。

ダイエット効果もある⁉︎

Coffee

コーヒーに含まれているカフェインは、交感神経を刺激します。そのことによって、体内器官の働きが活発になり、エネルギーの消費量が増加。また、砂糖やクリームよりもバターは血糖値が上がりにくいため、ダイエット効果も期待できるそうです。腹持ちも良いため、間食を抑えることができるとのこと。

グラスフェッドバター

けれども、私たちがいつもパンなどに塗っているようなバターではダメなよう。このバターコーヒーを作るポイントとなるのが、無塩の「グラスフェッドバター」。グラスフェッドバターとは、牧草だけで育てられた牛の乳から作ったバターのこと。アスプレイ氏は、安価なコーヒーや一般的なバターでは同じような効果は望めないと言っています。

アメリカでは「Bulletproof coffee(防弾コーヒー)」とも呼ばれているこのバターコーヒー。気になる味の方は、リッチでクリーミーなラテのような感じになるとのこと。ぜひ、試してみてはいかがでしょうか?

Reference: YouTube

関連記事リンク(外部サイト)

NYで話題殺到!スタバの紅茶専門店「ティーバナ」が、ついに日本進出!
実はめちゃくちゃ身体にいいかも?テキーラを飲むべき「12の理由」
目標達成!「365日、1日3食スタバのみ」をした女性が、スゴかった・・・

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。