体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

これさえあればどこでも快適に過ごせる……! 初心者OKのコールマンの新作テントにワクワクが止まらない

TOP

2月中旬より発売開始された、アウトドア用品ブランドコールマンの新作トレッキングテント『トレックドーム カペラ』。様々な利用者の需要を叶えてきたコールマンが今回実現させたのは、ずばり“快適性”。その快適性を体感すべく、編集部スタジオで実際に組み立ててました。(スタジオでの組み立てのため、ペグは打っておりません)

※すべての画像が表示されない場合は下記URLからご覧ください。
http://getnews.jp/archives/845138

広々! ふかふか! どこでも快適アイテム『トレックドーム カペラ/120』『イージーフィットキャンプマット』

テント

今回、体験したのは『トレックドーム カペラ/120』。二人用のトレッキングテントです。ポールはアルミ合金なので、重さは約2㎏(ペグ、ロープ、収納ケースを含まない)と軽く、丈夫さも兼ね揃えています。

シート

使用時には、別売りのグランドシート『フットプリント/120』も用意しましょう。テントフロアを傷や汚れからしっかり守ってくれます。

組み立て1

『トレックドーム カペラ/120』は、トレッキング初心者やベースキャンプ向けのライトトレッキングモデルなので、初心者でも組み立てやすいよう、シンプルで簡単な構造。まずは、メインのポールを設置。

組み立て2

ポールは差し込む形でグロメットに固定。

組み立て3

メインポールは上部で交差する形になります。ポールを組み立てたら、インナーテントのシートをクリップでポールに取り付けていきます。

組み立て4

そして、ここがポイント。上部の空間もたっぷりとるため、リッジポールが採用されています。メインポールの上から、リッジポールをテントについているスリープに差し込むことによって、高い天井を実現できます。

中完成
1 2 3次のページ
Nagaya Ayakaの記事一覧をみる

記者:

若いうちはなんでもやっとけー! とがむしゃらに生きている20代女です。 趣味は旅行と読書、創作活動、そして酒。夢中になると大変なことになるので、いつも控えめに過ごしております。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。