ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ホラーゲームにありがちなこと 「陽気な仲間(デブ)が即死」「必ず出てくるバルブ」

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


ちょっとばかり季節外れな気もするが、今回はホラーゲームにありがちなことをまとめてみたので紹介したいと思う。生粋のホラーゲーム好きの記者が今まで数々のホラーゲームを遊んで来たなかで「あるある」と思うようなことをまとめてみた。

・陽気な仲間(デブ)が即死
・洋館や村に閉じ込められる
・何故か入り口から出れない
・必ず出てくるバルブ
・バルブの栓がなく近くに落ちてる
・六角レンチも常連
・押しても何が起こったかわからないスイッチ
・所々に謎のメッセージが
・死体が手記を持っている
・謎の少女がいる
・どうやって電気を供給してるのかわからない施設
・微妙なタイミングで強い武器
・水道を空けたら赤い水
・死んだと思ったら変なところで目を覚ます そして無傷
・時間がループする
・一般人に遭遇するだけで凄い安心する
・変な薬や毒によって死体がゾンビ化
・謎の子供がいる
・どうやって生活してるのか分からない廃墟内に住む住民
・動物が凶暴化
・動物が巨大化
・懐中電灯のありがたさ
・カメラで退治
・タイムリミットギリギリで脱出

など、ホラーゲームを遊んでいるとありがちなことは沢山ある。とくに上記のバルブなんかは『バイオハザード』だけでなく、『SIREN』やそのほかのホラーゲームでも登場する定番設定になっている。懐中電灯も『トワイライトシンドローム』、『零』、『SIREN』と多くのゲームに使われる。古くは『スウィートホーム』の様に様々なアイテムを駆使するRPGや、『コープスパーティー』の様なストーリー重視型のRPGも存在する。

ちょっと季節外れだが、秋の夜長にホラーゲームを遊ぶのも良いかもしれない。


バイオハザード5 オルタナティブ エディション

記者のTwitter

■関連記事
AmazonがMP3ダウンロードサービス開始! しかもDRMフリーで0円の曲まで
平野綾が『深イイ話』出演し「AYA STYLE」の失態を赤裸々に語る! 「好きな人はいます」発言
『SKE48』のメンバーがイジメにあっている? 「その人がやっている事全てが恥ずかしい事」
尖閣諸島ビデオ流出で発言したネット上のオピニオンリーダー! テキサス親父に中国人の少年
尖閣ビデオ流出の翌日 首相は寿司屋で2時間?

ソルの記事一覧をみる ▶

記者:

  ネタのタレコミや情報提供は下記ウェブサイトからお願いします

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP