ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

オバサンになったと実感するのは時代劇の面白さに目覚めた時

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ファッションアドバイザーの植松晃士さんが、周囲のアラフィフ女性たちを対象に、「2015ザ・オバさん」と銘打って「あなたがオバさんになったと実感するのは、どんなとき?」というアンケートを実施した。今回は、「オバさんの生態編」としてアンケート結果を報告します。

 * * *
■人の話を聞かない
 これは鉄板。何人かで集まっても、話すのは自分が話したいことだけ。ひとつの話題で盛り上がるのではなく、交互に独演会状態になります。そして話がかみ合わなくても、ちっとも気にしている様子はなく、言葉のキャッチボールどころか、ドッジボール。

 いえ、ドッジボールならまだ相手に向かってボールを投げるからマシかも。他人の話に興味がもてないと、ゲームを放棄して、隣の人とぼそぼそ話を始めたりして。これでは「何もみんなで集まらなくともよかろうに」と思ってしまいます。

■わからないことがあると、自分で解決する努力はまったくせずすぐ人を頼る
 ちょっと自分で調べればわかること、たとえば電車の発車時刻も、ホームの電光掲示板に表示されているのに、わざわざ駅員さんをつかまえて調べさせます。そのさり気ない強引さは、さすが年の功!

 愛想がいいことは救いですが、思いっきりぶりっ子笑いして、「この通り、お願いっ」と無理なお願いをされても、「その笑顔には、もう効力ありませんっ!」と言ってしまいたくなります。きっと昔はかわいかったんでしょうけどね。

■よく泣くようになった
 涙腺が緩くなったという話もよく聞きますね。昔は、「ふんっ、安っぽいストーリー!」とくさしていたドラマでも、簡単に感動しちゃうとか。

■時代劇の面白さに目覚めた
 私の周囲でも、時代劇専門チャンネルに加入する人、急増中です。でも実際、若い頃の高橋英樹さん、里見浩太朗さん、それから三浦友和さんのかっこよさといったら、ため息が出るほどですよ。

 と、つい話に熱がこもる私も、時代劇通になりかけております(笑い)。オバさん、万歳!

※女性セブン2015年3月12日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
人間関係の断捨離法「距離を取りつつ、いずれフェードアウト」
オバさん なぜかデパ地下ではぶつかっても謝罪しない傾向も
女性 アラフィフになると好みは若くてかわいいイケメンに

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP