ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ゲームをするために「休みをください!」 山田孝之出演のプレステCM、関連インタビュー動画が公開中

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ドラマ「ウォーターボーイズ」「世界の中心で、愛をさけぶ」など数々のヒット作で主演を務めてきた、山田孝之。2月からは「PlayStation®4」のCMに出演しており、3月にはその第2弾の放送がスタートする。

1本目のCMは鎧を着ているので、「ついにプレステが『勇者ヨシヒコ』を認めた!?」とも思ってしまうが、収録の合間の打ち合わせ、という設定のようだ。そして、ゲームをするために「休みをください!」と土下座する山田。また、もう1本のCMではプレステのコントローラーを忙しなく操作しながら「ただいま手が離せません」と留守番電話のふりをするものとなっており、ゲームに熱中する男・山田孝之が描かれている。

第1弾が放送された時点で、「ヨシヒコのイメージと全然ちがうけどこの山田孝之さんもワルい感じがすごい良いわ」「このCMいいよな〜 続きが楽しみだ〜」など、ネット上で話題となっている本シリーズ。

ただ、山田は単に本人役を面白おかしく演じているわけではない。というのも、PlayStation JapanのオフィシャルYouTubeアカウントではCMと関連したインタビュー動画がアップロードされており、そこで山田はゲーム、そしてプレステへのアツい思いを語っているのだ。

「PlayStation思い出のタイトルは?」と聞かれると、「メタルギア(ソリッド)。サイコマンティス(相手の心が読めるキャラクター)に勝つためには、コントローラーを2コン(の挿入口)に差し替えなきゃいけなくて、そんな演出が最高だった」と興奮しながら語る山田。また、「以前は朝までお酒を飲んでいたけれど、今は12時くらいに解散して、それぞれの家でボイスチャットをしながら、ゲームとお酒を楽しんでいる」と山田孝之流・プレステの遊び方も明かしている。

インタビュー映像の後半には、2月に発売された『ドラゴンクエストヒーローズ 闇竜と世界樹の城』を山田がプレイする様子も。ゲームに没入してしまい「ごめんなさい。俺、喋らなくなっちゃって」と、謝りながらも楽しむ場面が収められている。また、同業の松坂桃李が男性主人公の声を担当していることを聞くと、「ふーん、桃李か。俺もドラクエ好きで、全部やってるのにな……」と、演じられなかったことを悔しがる山田。ドラクエ次回作では、ついに勇者ヨシヒコが本家に出演……なんて展開も期待したくなる動画となっている。

▼リンク
PlayStation4公式サイト山田孝之インタビュー
http://pscom.jp/20150302_PS4TVCM

カテゴリー : エンタメ タグ :
YATTAR JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP