ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

殺人事件担当の弁護士を解雇したシュグ・ナイト また病院へ搬送される

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
殺人事件担当の弁護士を解雇したシュグ・ナイト また病院へ搬送される

 元ラップ界の大物シュグ・ナイトが、殺人事件の裁判を担当していた弁護士を解雇し、その後再び病院へ搬送された。

 3月2日にロサンゼルスの裁判所へ出廷したナイトは裁判官に対し、自身が失明しつつあるものの、拘留中では不十分な治療しか受けられないことを弁明。ナイトは1月下旬に、口論の最中運転していたトラックで2人の男を轢き、うち1人を死亡させた責任を問われているが、殺人、殺人未遂、および轢き逃げについて無罪を主張している

 上位裁判所裁判官、ジェームス・ブランドリンは、本裁判を新たな裁判官に移管。裁判官となったロナルド・S.コーエンによれば、裁判が始まる前にナイトは病院に運ばれたとのことだ。ナイトが法廷から病院へ運ばれたのはこれで3度目となる。

 それ以前にナイトは、健康状態についての不満を詳述し、ブランドリンにデヴィッド・ケナーの弁護士事務所を解雇したことを伝えた。

関連記事リンク(外部サイト)

『ブラックモアの真実2』出版記念トーク&サイン会開催
ワン・ダイレクションが『テレビジョン』の表紙に!メンバーがレモンをがぶり?
Kishi Bashi 初ビルボードライブ公演で観客を魅了、人気朝ドラ出演シャーロット・ケイト・フォックスが飛び入り

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。