ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

グレイトフル・デッド50周年記念コンサートのチケットが高騰、最高額は11万6千ドル(約1392万円)に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

グレイトフル・デッドが結成50周年を記念して、7月3日、4日、5日の3日間再結成し、シカゴのソルジャー・フィールドでコンサートを行う。リーダーのジェリー・ガルシアが亡くなって(1995年8月9日)20年が経つ。

チケットは1月20日、メール・オーダーで発売された。1日分のチケットは約7140円~約23940円(59.50ドル~199.50ドル)で、1日7万枚、3日間で21万枚が完売した(1$120円換算)。

アメリカの興行界にスタブハブ(Stubhub)という会社がある。チケットの2次流通会社だ。この会社を通じて、チケットを買ったが売りたい人達、又は買いたい人達は売買をする。オークションだ。経済紙東洋経済によれば、「一次流通でチケットが販売されて完売する。その直後に二次流通で出回るチケットは高値が付きやすい。その後、時間の経過とともに価格が下がっていき、需要があれば公演日に近づくにつれて上がり、需要がなければ下がり続けていく」という事だそうだ。

米スタブハブでグレイトフル・デッドの3日間通しのチケットに幾らの値が付いたか。音楽業界誌ビルボードによると、11万6千ドル(日本円で1392万円)から1350ドル(16.2万円)だったという。グレイトフル・デッドの信者であるデッドヘッズにとっては最後の儀式(ライブ)。幾らでも払うのかも知れない。

グループは1965年、ベトナム戦争の反対運動で、ヒッピー達によるフラワー・ムーブメントが巻き起こるサンフランシスコで結成された。正確には現在IT産業で栄えるシリコンバレーの北のパロ・アルトだ。サウンドはロックやフォークやジャズやカントリーが混じるもので、即興演奏を得意とするサイケデリック・サウンドと呼ばれた。1967年、アルバム「ザ・グレイトフル・デッド」でデビューした。

当時からすると彼等の活動はあまりにも異質で、シングルをヒットさせるわけでもなく、アルバムはあまり売れず、しかしコンサートはいつも満員だった。そして最も奇異なのは、観客にカセットで演奏の録音を認めた事だ。観客は他のデッドのコンサートを録音した友達とテープ交換をする。デッドの場合即興演奏(アドリブ)が長いので、コンサートが異なれば演奏も異なる。そしてファンは意見交換をしながらますますデッドにのめり込む。デッドとしてはコンサート・チケットが主な収入源だった。

3日間の再結成コンサートにはオリジナル・メンバーの
ボブ・ウェア(ギター、ボーカル)
フィル・レッシュ(ベース、ボーカル)
ミッキー・ハート(ドラムス)
ビル・クルーツマン(ドラムス)に加え、
バンド「フィッシュ」からトレイ・アナスタシオ(ギター)、ジェフ・キメンティ(キーボード)とブルース・ホーンズビー(ピアノ)が参加する。

記事提供元:Musicman オススメBlog【高橋裕二の洋楽天国】

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP