ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Kishi Bashi、来日ステージで“日本の朝の顔”シャーロット・ケイト・フォックスと初共演

DATE:
  • ガジェット通信を≫

浮遊感のあるポップ・センスと透明感のあるヴォーカルが魅力のマルチ・シンガー・ソング・ライター/バイオリニスト=Kishi Bashi(キシバシ)が3月2日東京・Billboard Live Tokyoにて来日公演を行った。その1stステージにて、現在放送中のNHK連続テレビ小説「マッサン」に出演中の米女優=シャーロット・ケイト・フォックスが飛び入りでステージに上がった。

キシバシは、日本人の両親を持ちながら、生まれも育ちもアメリカの日系アメリカ人。アメリカでWindows8やSONY ExperiaのCMソングを手掛けたことで一躍脚光を浴び、その後日本でも「Huawei Ascend」、花王「エッセンシャル ダメージケア」CMソングに起用され話題をさらった、世界が注目するマルチ・シンガー・ソングライター。元々友人関係であったキシバシとシャーロット。今回はキシバシの大ファンと公言しているシャーロットがライヴに訪れたことで急遽実現したスペシャルなステージとなった。

今回のツアーは通常のバンドスタイルとは異なり、ヴァイオリン、ヴァイオリン、チェロ、ヴィオラの弦楽4名にキシバシが指揮を行いながら自身のヴァイオリン、エフェクター、サンプラー類を操る四重奏スタイルで、オーディエンスもスタンディングではなく着席としてスタート。「Manchester」「Bittersweet Genesis for Him and Her」などの曲がストリング・スタイルにアレンジされた重厚かつ壮麗なステージが展開される。

中盤ではソロ・パフォーマンスに移行、「Bright Whites」「It All Began With A Burst」などの人気曲をヴァイオリンの音とヒューマン・ビート・ボックスの音を重ねながらループしていく独創的なスタイルでオーディエンスを魅了。終盤には「Philosophize In It! Chemicalize With It!」「The Ballad of Mr Stake」などの人気曲で盛り上げ、オーディエンスは総立ち、大喝采の中本編終了となった。

ステージ中盤となる6曲目の際に「ここでスペシャル・ゲストをお呼びします!僕が尊敬するアーティスト!」というキシバシのアナウンスと共に、なんとシャーロット・ケイト・フォックスが飛び入りで登場し、アルバム「Lighght」収録の楽曲「Q&A」を2人でデュエットした。オーディエンスにとってはこのスペシャルなサプライズに、拍手が鳴り止むことなく無事に東京公演を終了した。

昨年4月23日にリリースしたキシバシのメジャー・デビュー・アルバム「ライト」は、クラシカルな美しいバイオリンの旋律とデジタルな遊び心、英語と日本語が織り交ざる、日系アメリカ人である彼のアイデンティーが詰まった最高のアルバムになっており、約1年経った今でもロングセラーを続けている作品になっている。

Kishi Bashi Quartet Japan Tour 東京公演1stステージ セットリスト
1.Manchester
2.Bittersweet Genesis from Him and Her
3.I Am The Antichrist To You
4.In Fantasia
5.Atticus
6.Q&A(デュエット with シャーロット・ケイト・フォックス)
7.Bright Whites
8.It All Began With A Burst
9.Carry On Phenomenon
10.Philosophize In It! Chemicalize With It!
11.The Ballad Of Mr. Steak
アンコール ~ アコースティック
12.This Must Be The Place
13.Song For The Sold

メンバー
キシバシ:ヴァイオリン / ヴォーカル
皆川真里菜:ヴァイオリン
天野恵:ヴァイオリン
若宮百花:ヴィオラ
小澄さおり:チェロ

関連リンク

Kishi Bashi 日本オフィシャルサイトhttp://kishibashi.jp/
Kishi Bashi レーベル・オフィシャル・サイトhttp://www.jvcmusic.co.jp/-/Artist/A024714.html
Kishi Bashi オフィシャルFacebookhttps://www.facebook.com/mrkishibashi
Kishi Bashi 日本オフィシャルTwitterアカウントKishiBashi_JP

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP