ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

世界中で使われているAndroidのバージョン別シェア(2015年3月)、KitKatがついに40%台に到達、Lollipopは3.3%

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Google が Android Developers の公式サイトで 2015 年 3 月 2 日までの 7 日間にわたって収集した Android のバージョン別シェアを公開されました。OS バージョン別のシェア(括弧内は前回)は、1 位が Jelly Bean 42.6%(↓ 44.5%)、2 位が KitKat 40.9%(↑ 39.7%)、3 位が Gingerbread 6.9%(↓ 7.4%)、4 位が Ice Cream Sandwich 5.9%(↓ 6.4%)、5 位が Lollipop 3.3%(↑ 1.6%)、6 位が Froyo 0.4%(→ 0.4%)という結果でした。今回も Jelly Bean のシェアが低下し、KitKat のシェアが拡大した流れに変化はありませんでしたが、Lollipop のシェアが前回から 1.7 ポイントも上昇しており、KitKat のシェア拡大の勢いを奪っています。今後、春にかけてメーカー各社の Lollipop 入りフラッグシップが発売されていくことから、KitKat のシェア拡大は次回または次々回で止まると予想されます。Source : Android Developers


(juggly.cn)記事関連リンク
MWC 2015 : Google、モバイル決済プラットフォーム「Android Pay」の存在を認める、メーカー・アプリ開発者にAPIを提供へ
Sony Mobile、音声コマンド操作に対応したハロっぽい球体型ステレオBluetoothスピーカー「BSP60」を発表
Sony Mobile、Android 5.0で「Walkmna」を「Music」にリブランド?

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP