ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ワン・ダイレクション、海外アーティスト初のレモン持ちで「週刊ザテレビジョン」単独表紙

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ワン・ダイレクションが、TV情報誌『週刊ザテレビジョン』の表紙を飾ることが決定した。

同誌の表紙で有名人が持つことで象徴的なレモンには、日本での果物としてのイメージから「週刊誌らしいフレッシュさを届ける」という思いや、「オリジナル写真であることの証」という意味が込められているが、「海外アーティストが単独で“レモンを持って”表紙に登場」するのは同誌創刊33年の歴史の中で今回のワン・ダイレクションが史上初となり、「海外アーティスト単独表紙」としても、1987年11月6日号のマイケル・ジャクソン以来、28年ぶりのこととなる。

写真は2014年秋に撮り下ろされ、生のレモンを手にもったメンバー5人が編集部特製の大きなレモン「デカレモン」を囲んで撮影された写真はとてもフレッシュで、インパクトの強いものになっている。

ジャパン・ツアーの熱狂も冷めやまぬ中、このワン・ダイレクションが表紙を飾っている『週刊ザテレビジョン』は明日3月4日に発売となる。

小林良輔編集長 コメント

以前より全世界で5000万枚のセールスを記録するワン・ダイレクションのパフォーマンスや日本での人気に注目しており、何かコラボレーションできないかと考えていました。もともと『週刊ザテレビジョン』の表紙のレモンには「フレッシュな情報の象徴」という意味があるのですが、今回彼らがレモンを持った写真を見たとき、世界で快進撃を続ける彼らの若々しいパワーを感じ、これまでにないフレッシュな表紙になると確信しました。

世界中の雑誌の表紙を飾っているワン・ダイレクションですが、レモンを持って登場するのは、もちろん今回が初めて。本誌でしか見られない、日本発&世界初のレアなワン・ダイレクションをぜひお楽しみください!

編集担当者からの撮影秘話

真っ先に撮影場所に現れたのはナイル。撮影が始まるまで広いスタジオでずっとスタッフとサッカーをして遊んでおり、元気いっぱい。小道具のけん玉も目ざとく発見し、「やったことあるよ」と、早速練習に励んでいました。

表紙の「デカレモン」は、後ろに棒を差して宙に浮いた状態になっており、それを見たメンバーは不思議そうな顔で興味津々。実物のレモンを手にすると、匂いをかいだりかじったりして遊び始め、まるごと口に入れてしまう人も。居合わせたスタッフの「LEMON DIRECTION!」との声に彼らも笑い出し、楽しい撮影になりました。

撮影のメインはけん玉。みんな正しい遊び方をご存知で、しばし黙々とトライ。ゼインとハリーがなかなか上手で、何度かうまくお皿に玉を載せていました。ルイはほかのメンバーめがけて玉を投げつけ、糸がからまってしまって大笑い。カッコよく決めたカットも狙いましたが、ほおっておくと手で顔を隠したり、面白い顔ばかりしてくれるので、「シリアスに! カメラ見てください」とお願いするのが大変なほど。特にリアムは真顔でナイルをおんぶし始めたり、ズボンを脱ごうとしたりと茶目っ気を発揮していました。

帰り際には「サンキュー! グッバイ!」と取材陣の片言の英語に、笑顔で手を振ってくれた1Dの面々。ゼインは快く握手をしてくれました。ハリーにいたっては「ちょっと待ってて!」と自分のカメラを取りに戻り、本誌カメラマンを激写してニッコリ!カメラにハマっているのでしょうか。

「ここは、楽しく会話している風に」など、お願いすることの多いグループでの撮影ですが、1Dに関してはその必要は一切なし。常に笑いながらおしゃべりしていて、「もうちょっとカッコつけて!」と思ってしまうほど、飾らないやんちゃな青年たちでした。

表紙用のレモンは、撮影のために10個は用意してスタジオに持っていったんですが、撮影終了後、気が付いたらレモンにかぶりついたり、ボール替わりに遊んでいたり・・・スタジオ撤収のときは1個も残っていませんでした。

関連リンク

ワン・ダイレクション レーベルサイト: http://www.sonymusic.co.jp/1d
ワン・ダイレクション オフィシャルサイト日本語版www.onedirectionmusic.com/jp
ワン・ダイレクション 日本公式ツイッターhttps://twitter.com/#!/1D_OfficialJP

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP