ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ドルトムント・香川真司が復活!ドイツ人サポーターの反応がアツすぎると話題

DATE:
  • ガジェット通信を≫

いよいよ復活宣言してもいいかも…ドイツ屈指のダービー戦ルール・ダービー、シャルケ戦に先発した香川真司が躍動。ゴールこそ奪えなかったものの、出場時間を通じてキレた動きとパス無双で前半を圧倒し、交代した後に怒涛の3得点でチームも4連勝と成績もうなぎ登りで、アジア杯の敗戦あたりでドン底だった香川選手も、今後期待できそうなプレーを連発、ドルトムント・ファンが大興奮している。

特に今回は辛口のドイツメディアも認めているのがポイント。地元紙アルゲマイネは「(シンジに)微笑みが戻った」というのがスタジアム・マガジンの見出しだったが、その通りのプレーを体現してくれた。喜び溢れるいきいきしたプレーと繊細なパスをオバメヤンやロイスに供給し、大きなチャンスを幾つも演出した。彼の復帰後最高の試合の一つといえる。

http://youtu.be/IJVi4hbUsI0

復帰戦こそ素晴らしいパフォーマンスを発揮したものの、輝きを見せることなくここまで来ていた香川選手に対し、サポーターは「素晴らしい仕事をした」「パスが半端なく凄かった」「優勝した年のシンジに近づきつつある」「判断もパスも速くて的確だった。一ミリの狂いもない」など、日本人のファンですら大げさと感じるような絶賛のオンパレード。

本来降格ゾーンで彷徨うようなチームではないドルトムントだが、度重なる怪我人と補強が噛みあわない状態でリーグ前半は全くいい所がなかったものの、やっとシャヒン、ギュンドガン、香川、ロイスと中盤のタレントたちがいよいよ本領を発揮し復調。

「最高の気分」「やっとウチのチームが帰ってきた」「これで降格はないね」と一度は地獄を見たサポーターたちもやっと楽観的なコメントを書き込めるようになったようだ。

【動画】http://youtu.be/Lud0U0dUk54

関連記事リンク(外部サイト)

NASAの宇宙飛行士が『スター・トレック』のスポックの偉大さを語り、追悼する
美しすぎる世界最強の格闘家、ロンダ・ラウジーが相手を14秒で瞬殺してスゴすぎる【動画】
日産が開発したリア充な電気自動車「スマートバーベキューカー」が本気すぎる
『キス我慢』佐久間宣行監督、「テレ東は失敗しても怒らないって勝手に思ってます」
乃木坂46・佐々木琴子推しのフタバブックスが「好感度高すぎる」とネット上で話題に

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP