ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

グラスの中は春爛漫!“日本の春”をテーマにしたオリジナルカクテル登場

DATE:
  • ガジェット通信を≫

セルリアンタワー東急ホテルのタワーズバー「ベロビスト」で毎年好評の“日本の春”をテーマにしたオリジナルカクテルが、この春も登場!

4月30日までの期間、桜と梅酒のフローズンカクテル「スプリング ロワイヤル」と、春の花をイメージして和のアクセントを加えた「ラ ダンス デ フルール」の2種類が楽しめる。

「スプリング ロワイヤル」」(1杯2263円)は、桜のシロップ、梅酒とクラッシュアイスをブレンダーでミックスしたフローズンタイプのカクテル。仕上げにシャンパンを贅沢に満たし、若桃の甘露煮でデコレーションした。

梅(梅酒)から、桃(若桃)、桜(桜シロップ)、葡萄(シャンパン)と移り変わっていく日本の春景色を1杯のグラスの中に表現。日本の奥ゆかしさや美しさを感じられる一品に仕上がっている。

「ラ ダンス デ フルール」(1杯2057円)は、2015年の新デザインで提供。日本酒をベースにした柚子リキュールに、グレープフルーツを加え、仕上げにクランベリージュースを満たしたカクテル。グラスの中に浮かぶカラフルな花びらで、春の心踊る様子や喜びを表現した。

柚子の豊かな香りで和やかな日本の春を楽しめる。

グラスの中で花開いた春景色を心行くまでご堪能あれ!詳しくはこちら(http://www.ceruleantower-hotel.com/restaurant/bellovisto/)を見てほしい。

※表示の料金にはサービス料10%および消費税8%が含まれている。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP