ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【書評】「にっぽんの図鑑」に書評家「英訳して輸出すべき」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

【書評】『にっぽんの図鑑』(小学館)/3024円

【評者】温水ゆかり(書評家)

 平成になったばかりの頃、明治の生まれで、辛口で知られた淡谷のり子さんからこう聞いた。

〈いまの親は戦中派の親から何も教わっていない。いまの子ども達が親になる将来は、もっと何も知らない人達が増えて、恐ろしいことになりますよ〉

 淡谷さんの遺言はこうだったに違いない。戦争は罪、罰のように何世代にもわたって文化的土壌をやせ細らせていくと。

 その意味でこの『にっぽんの図鑑』の意義は深い。「にっぽんのこころ」「にっぽんのくらし」「にっぽんのでんとう」と三章に分け、神様 妖怪、和食、遊び、方言、歌舞伎などの演劇、工芸などを紹介するが、大人もすぐ引き込まれる。印象的なのはどの章でも日本人の感性や感受性を“善き固有”とする視点だ。

 古事記には大人にも不可解な展開があると書くユーモア、小野小町の有名な和歌は字余りとするトリビア、日本人の自然観は、自然を克服の対象と考える西洋とは一線を画すという文明論。子どもは知を増やし、大人は知に遊ぶ。気づかぬうちに大人の自信をなくしていたのだろうか、読み終わる頃には、全身すす払いしたかのような清々さの中にいた。 

 固有はグローバルの敵ではない。固有こそグローバルの武器。日本に生まれて嬉しい。英訳して輸出すべき一冊と思う。

※女性セブン2015年3月12日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
すっぽん専門店のお取り寄せスープ 6缶入り190gで3150円也
「すっぽんぽん」の普及は週刊誌の金田正一氏インタビュー
「花咲じじい」などの昔話を大人も楽しめる物語に蘇らせた本

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。