ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

いつもの料理をワンランクアップ!ドイツのなたね油「エルンテゴールド」の美味しさの秘密とは?!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

いつもの家庭料理をちょっとおいしく仕上げたいなら、塩、砂糖、醤油、オイルなどの基本調味料を見直してみるのもひとつの手。

ドイツアルプスの岩塩「アルペンザルツ」などを輸入販売するSKWイーストアジア(http://www.skwea.co.jp/)が、新商品ドイツ産生なたね油「エルンテゴールド(ErnteGOLD)」(250ml× 12本)を発売する。

エルンテゴールドとは、ドイツ語で「収穫」+「黄金」という意味。ドイツの契約農家で収穫し、厳選したなたねの黄金の芯のみを超低温で圧搾。黄金の芯のみを使うことで、バランスの良い脂肪酸、オメガ3脂肪酸10%、ビタミンE、抗酸化物質など、菜種に含まれる天然の良い成分を残すことに成功した。

黄金色のなたね油が持つマイルドでナッツのような味わいは、いつもの料理の可能性をぐっと広げてくれるはず。

一度食してみれば、なたね油本来の美味しさにびっくりするかも?!ぜひお試しあれ

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP