ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【踊るぜ川﨑は】チェスト! ムネリン、今季はレギュラー獲得の可能性も!? 二塁手のライバルは誰だ?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 メジャーのキャンプも始まり、日本人選手の動向も伝えられるようになった今日この頃。今年は、はじめてメジャー契約する日本人選手がいまのところ不在で、これはなんと19年ぶりだという。

 そんな中、これまでとはちょっと違うシーズンを迎えられそうなのが、トロント・ブルージェイズに在籍する「永遠の野球少年」川﨑宗則である。

◎トロント・ブルージェイズの二塁手事情

 今年も現時点ではマイナー契約。メジャーリーグでの試合出場が約束されているわけではない。それでも、過去3年とチーム事情が異なり、開幕からベンチ入り、あるいはスタメン出場の可能性もなくはないのだ。

 昨年は故障者が相次ぎ、二塁手を固定できなかったブルージェイズ。そこでチームは、鳥谷敬(阪神)の獲得に意欲を見せていた。しかし、年俸などの条件面で折り合いがつかなかったのか、これが実現せず。

 にもかかわらず、内野手の大きな補強をしていないため、状況はそれほど変わっていない。それどころか、昨年、二塁手として40試合に出場したブレット・ロウリーがオークランド・アスレチックスへ移籍しており、むしろ、微妙に手薄になっているとも言えるのだ。

 そこで川﨑の存在がクローズアップされる。昨年、二塁手での出場試合数が64試合で、実はチームでいちばん多かったのである。

 とはいえ、それだけでレギュラーが約束されるほど簡単ではない。当面のライバルは次の3人だろう。

◎ムネリンのライバルはこの選手たち!

 実績ではマイサー・イズトゥリスだ。昨年はケガに泣き11試合の出場に終わったが、エンゼルス時代の2009年には打率3割を記録したスイッチヒッター。故障明けとなるシーズンで、どこまで調子を上げられるか。

 続いてはライアン・ゴインズ。一昨年にメジャーに初昇格し、34試合出場で打率.252を記録。昨年の開幕時はレギュラーの期待もかけられていたが、打率.188とメジャーの壁に屈し、67試合の出場にとどまっている。守備は悪くないだけに、打撃が課題の選手だ。

 そして3人目はデヴォン・トラヴィス。昨シーズンオフにタイガースから移籍してきた24歳の若手で、まだメジャー経験はないものの、マイナーでは通算打率.323という高打率を残している。

◎レギュラーを決めるぜ川﨑は 男だ川﨑は

 この3人に対し、昨年の夏以降、二塁手のレギュラーとして試合に出ていた川﨑は、メジャーでのキャリアハイとなる打率.258、出塁率.327をマークした。もちろん、日本時代から定評のある守備も遜色ない。

 3人と比較してみても、川﨑の存在感は優位にも見える。オープン戦で結果を出せば、開幕ゲームから起用される可能性は十分だ。

 古巣のソフトバンクからは好条件でラブコールを送られていたにもかかわらず、プロ16年目を彼の地で迎える選択をした川﨑。だからこそ、メジャーで活躍することが、オファーをしてくれた関係者への恩返しにもなる。

 持ち前の明るさでムードメーカーとしても機能し、トロントのファンからも絶大な人気を誇るだけに、今年こそは常時グラウンドに立ち、そのはつらつとした姿を1秒でも多く見せてほしいものである。

 ムネ、チェスト!!

 スマホマガジン『週刊野球太郎』では、プロ野球開幕へ向けて、みどころや最新情報を配信中。また、センバツ開幕直前に、あの高校野球マニアの女性アイドルへスペシャルインタビューを公開! お楽しみに!

 『高校野球&ドラフト候補選手名鑑 for auスマートパス』では3月21日に開幕するセンバツ甲子園に出場する注目選手を詳しく解説! この選手名鑑は『週刊野球太郎 for ドコモSPモード』内にも新メニューとして追加しました!

 さらに新刊『野球太郎Special Edition プロ野球選手名鑑+ドラフト候補名鑑2015』は、高校、大学、社会人、独立リーグ、プロ合わせて1500名掲載の選手を紹介! 究極の日本野球選手名鑑です。

※リンクが表示されない場合は、http://yakyutaro.jp/をコピーしてアクセスしてください。
※『週刊野球太郎』はauスマートパス、Yahoo!プレミアム、ドコモSPモードに対応、『高校野球&ドラフト候補選手名鑑』はauスマートパス、ドコモSPモードに対応しています。

■関連リンク
異色の選手名鑑の詳細に迫る
もし球界にアカデミー賞があったら
イチローに期待されていること

カテゴリー : エンタメ タグ :
Scoopie Newsの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。