ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

アイドル名「こぶし」に絶賛の声

DATE:
  • ガジェット通信を≫


ハロー!プロジェクトの新しい8人組アイドルユニットのグループ名が発表され、そのネーミングセンスが素晴らしすぎると話題になっている。

【もっと大きな画像や図表を見る】

そのユニット名とは「こぶしファクトリー」。日本原産の花・コブシ(辛夷)のような優美さと握りこぶしに象徴される力強さを兼ね備えてほしいという思いが込められているという。さらにハロー!プロジェクトの先輩で、3月3日に無期限活動停止となるBerryz工房の意志を継承していけるように、「工房」という意味を持つ「ファクトリー」という言葉が選ばれたとのことだ。

そんな深い意味が込められている「こぶしファクトリー」。ツイッターの反応を見てみると、

「新グループの名前がこぶしファクトリーって
聞いて俄然応援しよ!!!!!!って気分になった!」
「家族がこぶしファクトリーにすごい笑ってるから多分こぶしファクトリー成功」
「最近のアイドルはキラキラネームばりに可愛い名前しかないのにこぶしとか厳つすぎて一度は口にしたくなる!さすがやなぁ~」

などと、アイドルのユニット名としては違和感を覚えつつも、そのインパクトは大きく、なかなか好評のようだ。

ちなみに、ハロー!プロジェクトのファンとして知られる漫画家のうすた京介は、ツイッターで、「個人的に嫉妬してしまうくらいのネーミングセンス。これはマジですごい」と高評価。また同じくファンであるシンガソングライターの大森靖子も、「声に出すだけでたのしい日本語!みんなも声出して!こぶしファクトリー!」と、新グループ名を気に入ったようだ。

そんな「こぶしファクトリー」は、2月28日、3月1日に有明コロシアムで開催された「Berryz工房祭り」で、インディーズデビュー曲「念には念」を初披露。ツイッターでは、ライブでこの曲を聴いたハロプロファンが感想を投稿。

「念には念、かっこ良い!これからが楽しみ!」
「すごいすき!推せる!」
「いい曲だった!ちょっとクセになりそう!」

などと、こちらも好評のようだ。インパクト大なユニット名の後押しもありつつ、好調なデビューとなりそうだ。
(R25編集部)

アイドル名「こぶし」に絶賛の声はコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

関連記事リンク(外部サイト)

ハロプロ改変「ハロマゲドン」発動
注目アイドル“うたちゃん”とは?
Berryz工房ファン「暗躍中」
アンジュルム、直筆カードが意味深
肉体派アイドル「アプガ」が熱い!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP