体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

9割が実施。ご近所さんに「引越しのごあいさつ」はマスト

9割が実施。ご近所さんに「引越しのごあいさつ」はマスト(イラスト:つぼいひろき)

2006年以降に住宅を購入したママ2075人にウィメンズパーク(ベネッセコーポレーション)と共同でアンケート調査を実施。前回はマイホームを手に入れたことによって、増えたストレス、減ったストレスについて、リアルな声を紹介しました。(http://suumo.jp/journal/2015/02/16/77766/)
そして今回は、「ご近所さんへの引越しのごあいさつ」事情について調べてみました。9割が「引越しのあいさつに行った」と回答。新築マンションがやや少ないわけ

「引越し先で、同じマンション内、同じ区画内のご近所さんへ、新居のあいさつには行きましたか?」の質問に対して、90.9%の人が「行った」と答えています。やはりマイホームとなると、賃貸とは違って、ご近所さんとは長いお付き合い。当然、ごあいさつはマストとなるようです。

【図1】引越した先で、同じマンション内、同じ区画内のご近所さんへ、新居のあいさつには行きましたか(SUUMOジャーナル)

【図1】引越した先で、同じマンション内、同じ区画内のご近所さんへ、新居のあいさつには行きましたか(SUUMOジャーナル)

また、種別ごとにみていくと、「新築マンション」と、「所有していた土地に家を建てる」ケースのみ、あいさつに行った割合が低いという結果になりました。

【図2】引越した先で、同じマンション内、同じ区画内のご近所さんへ、新居のあいさつには行きましたか(物件種別別あいさつに行った割合)(SUUMOジャーナル)

【図2】引越した先で、同じマンション内、同じ区画内のご近所さんへ、新居のあいさつには行きましたか(物件種別別あいさつに行った割合)(SUUMOジャーナル)

後者の場合、もともと親が所有していた敷地に家を建てるなど、周囲がすでに顔見知りで、改めてあいさつする必要がないのかもしれません。

一方、新築マンションの場合は、一斉入居のために、お互いに自分からあいさつするタイミングがないという場合も。Aさんのように「私たちが引越したときは、お隣さんはまだ入居していなかった」という場合もあるようです。

また最近の大規模マンションの場合、管理会社主催で入居者同士が顔合わせするイベントなどが開催され、引越しのあいさつの代わりになっているケースもあります。あいさつする範囲は、マンションは上下階、一戸建ては区画で判断

では、具体的に、どこまであいさつをしているのでしょうか。マンションと一戸建てに分けてみてみました。

【図3】どの程度まであいさつに行きましたか(SUUMOジャーナル)

【図3】どの程度まであいさつに行きましたか(SUUMOジャーナル)

マンションの場合は、顔を合わせる機会の多い隣り合う住戸にはあいさつするケースが9割以上。また生活音でトラブルになりやすい上下階にもあいさつをしているようです。一戸建ての場合は、隣り合う住戸は7割以上なのに対し、向かいの住戸は半数弱。敷地配置にもよりますが、音問題や視線が合いやすい隣の住戸のほうが優先順位は高いようです。

その他の回答のなかには、「町内会や自治会で同じ班の人」、「同じ区画の家すべて」、「自治会長さんにも」、「ゴミ当番でまわる区画は全部」「玄関から見える範囲ですべて」と、かなりの数をまわっているケースも。なかには「所属することになる班全員にあいさつが強制の地域だったので20戸まわった」という人もいました。あいさつ時に持参するのは「お菓子」「タオル」「洗剤」が定番

1 2次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会