ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

消費期限が意外と長い鶏卵 賞味期限内なら生で食べてもOK

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 何でも豊富に24時間手に入る時代、何をいつどう食べるか、あるいは何をセーブするのかの見極めとコントロールはなかなか難しい。そこで管理栄養士で料理研究家でもある浜本千恵さんに、食の基本について聞いてみた。

 まずは消費期限(食べられる限度日)が意外と長い鶏卵について。いつまで生で食べても大丈夫なのだろうか。

「卵は保存がきくので、『賞味期限』(おいしく食べられる期限)カテゴリーに入ります。生で食べられる期間が『賞味期限』として表示されていますので、その期限までなら生食はOKです。しかし冷蔵庫に入れて保存した場合に限られます。また、半熟で食べる場合も賞味期限内がおすすめです」(浜本さん)

 続いてはダイエット。「糖質オフ」と「グルテンオフ」、食事制限ダイエットの定番だが、どちらのダイエットが効果は早く出るのだろうか。

「グルテンとは小麦や大麦などに含まれるたんぱく質のことで、生活の中で控えるとしたら、パンや小麦を使った菓子類、調味料などでしょう。わかりやすく効果がすぐに期待できるダイエットであれば、米、パン、菓子などの糖質全てを控える糖質制限ダイエットといえます。ただ、完全に糖質をシャットアウトするのではなく、夕食はご飯の量を減らすなど、ゆるめの糖質制限が続けやすいと思います」(浜本さん)

※女性セブン2015年3月12日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
「賞味期限」と「消費期限」の違いと冷凍した肉や魚の賞味期限
実は逆効果か 糖質制限、単品だけ食べダイエットの落とし穴
食べながら痩せる「糖質制限食」ダイエット どう挑めばいいか

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。