ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

MWC 2014 : Qualcomm、独自の“Kyro”コアを採用したSnapdragon 820の投入計画を明かす

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Qualcomm がスペイン・バルセロナで行われている MWC 2015 イベントで、Snapdragon 800 シリーズの次期モデルとなる「Snapdragon 820」のリリース予定を一部明らかにしました。Snapdragon 820 は 現在の最上位「Snapdragon 810」の後に登場するとみられるハイエンド向けプロセッサで、現地での ” Zeroth” と呼ばれる新しいコグニティブ・コンピューティングプラットフォームで採用されるという話の中で明らかにされました。Qualcomm は Snapdragon 820 を公式には発表していませんが、ARMv8 をベースに独自に開発した CPU “Kyro” を採用しており、big.LITTLE 構成の採用をやめる方針です。また、製造プロセスについては “最先端の FinFET を採用する” と述べるに留めています。Snapdragon 820 のリリーススケジュールは伝えられていませんが 2015 年後半にサンプル出荷が開始されるらしいので、実際に搭載する製品は 2015 年末 ~ 2016 年初旬になると予想されます。年内いっぱいは Snapdragon 810 が主力であり続けるとみられます。Source : AnandTech


(juggly.cn)記事関連リンク
MWC 2015 : Lenovo、Dolby Atmos対応スマートフォン「Lenovo A7000」とAndroid対応の小型プロジェクター「Lenovo Pocket Projector」を発表
MWC 2015 : Sony Mobile、Xperia Z4 TabletをノートPCのように開け閉めできるキーボードドック「BKB50」を開発
パナソニック、Androidカメラスマートフォン「Lumix CM1」のAndroid 5.0アップデートを5月に実施

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP