体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ワン・ダイレクション、イタリアで行われたライブをWOWOWでオンエア

エンタメ
ワン・ダイレクション、イタリアで行われたライブをWOWOWでオンエア

(c)Syco Music 2014
イギリスから登場した今世紀最大のスーパーボーイズグループ、ワン・ダイレクション。イタリアで行われた最高スケールのライブを、3月7日にWOWOWでオンエアすることが決定した。

英人気オーディション番組『Xファクター』で見出された5人によって結成され、2011年にリリースされたデビューシングル「What Makes You Beautiful」は、全英チャート1位にランクイン。それ以来、破竹の勢いで世界中を席巻中の彼らが、ついに2度目の来日を果たした。

京セラドーム、さいたまスーパーアリーナで行われる、ニュー・アルバム『フォー』を引っさげた「ON THE ROAD AGAIN TOUR 2015」の全日程がソールドアウトとなり、急遽追加公演が決定する加熱ぶり。3月2日の最終公演まで、全6公演20万人を熱狂させた。

そんな彼らが、2014年6月28日と29日にイタリア・ミラノにある巨大スタジアム、スタディオ・ジュゼッペ・メアッツァ(通称サン・シーロ)で、ビッグスケールのライブを開催。スタジアムにあふれ返った8万人のファンは、巨大スクリーンに映しされたメンバーの姿にライブ開始前から興奮状態に。そして、盛大な花火が打ち上がると同時に、オープングナンバー「Midnight Memories」でステージが幕を開けた。ステージからアリーナの中心にかけて設置されたキャットウォークを元気良く駆け回るメンバーを見て、泣き出してしまうファンが続出。

ポップスの王道をいくヒット曲の数々、「Why Don’t We Go There」や「Live While We’re Young」に合わせて、8万人が一体となって大合唱する光景はまさに壮観。特に印象なのが、「Don’t Forget Where You Belong」を演奏する前、メンバーのナイルが言った言葉だ。それぞれイギリスとアイルランドの片田舎出身で、オーディション番組を経て世界へ飛び立った5人。今でこそ世界最強のボーイズグループに成長した彼らだが、“自分達のルーツを忘れずに、ファンのおかげで世界中をツアーできることに感謝したい”と謙虚な気持ちを込めて曲を捧げていた。

さらに「Right Now」では、ファンからメンバーへのプレゼントと言わんばかりに、アリーナ席のファンがイタリアとイギリスの旗を掲げ、スタンド席のファンは色紙を使ったマスゲームで“WELCOME 1D FAMILY(ワン・ダイレクション・ファミリーへようこそ)”と文字を描き出した。これにはメンバーも驚きを隠せず感動していた様子で、メンバーがファンを楽しませるだけでなく、ファンもメンバーを楽しませる相乗効果がライブをいっそう盛り上げていた。

途中で小雨が降り出したもののファンの興奮は収まるどころか、デビュー曲「What Makes You Beautiful」でボルテージは上がりっぱなしだ。そして、軽快なロックナンバー「Best Song Ever」で、1時間30分にわたるライブは熱狂のうちに幕を閉じた。

中心メンバーだけが目立つ、今までありがちだったボーイズグループとは異なり、ソロもトークも5人全員が平等に担っている点がワン・ダイレクションの魅力だ。5人の個性が絶妙な化学反応を起こしていたライブは、全く飽きさせないステージ構成となっていた。

1 2次のページ
Musicman-NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会