ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

一青窈 ツアー「私重奏」ファイナルで全20曲披露、ソイルの飛び入り客演も

DATE:
  • ガジェット通信を≫

一青窈 ツアー「私重奏」ファイナルで全20曲披露、ソイルの飛び入り客演も

2014年11月末から3ヵ月にわたり、全国20カ所を巡ったツアー “一青 窈TOUR 2014-2015 ~私重奏~”が、2月27日、28日の2日間、東京・EX THEATER ROPPONG公演でファイナルを迎えた。

最新アルバム「私重奏」から、「ロマンス♡カー」をアカペラコーラスにのせて軽やかにスタート。セットリストはアルバム収録曲を中心に構成された。

映画『ペコロスの母に会いに行く』の原作者・岡野雄一氏の詩を朗読し、会場の雰囲気を引き込んだまま、同映画主題歌の「霞道」を、言葉をかみしめ、慈しむかのように歌唱。

千秋楽の28日には、昨年放送されたフジテレビ系ドラマ「昼顔」の主題歌として配信ロングヒットを記録中の「他人の関係 feat. SOIL&“PIMP”SESSIONS」で、SOIL&“PIMP”SESSIONSのメンバーが飛び入りで客演。元晴とタブゾンビによるホーン隊、そしてアジテーターの社長の煽りで熱いグルーヴを巻き起こし、妖艶かつキレのある一青窈の歌唱とパフォーマンスで会場を大いに沸かした。

会場の熱はそのままに、バンドサウンドとボーカルがひとつになる迫力あるステージが続き、“この曲でみなさまに会うことができました。大切なデビュー曲です”との深謝の言葉から「もらい泣き」を披露。

自身の両親のエピソードを語り、“すごくがんばっている全てのお母さんに。そして、そんなお母さんから生まれた全ての人に贈ります”と、本編ラストとなる「パパママ」を歌唱。満点の星空のような舞台セットで、全体を包み込むようなあたたかい空気が会場を満たした。

今や合唱でもよく歌われているエバーグリーンな代表曲「ハナミズキ」をアンコールで披露し、まさに一青窈の多彩な魅力をあますところなく伝えるツアーとなった。アルバム「私重奏」は、今の一青窈の感情がありのまま綴られた詩と、彼女のたおやかさや個性が活きる楽曲で構成されており、ライブを重ねて来た今回のツアーで、まさに楽曲そのものが成長するように輝きを増していった。

なお、28日のツアーファイナルの模様を、WOWOWにて4月12日に放送予定。今年は、映画『はなちゃんのみそ汁』の主題歌担当と、女優としての出演が決定している。

撮影:小川舞

セットリスト
01. ロマンス♡カー
02. 勝負!!!
03. Banana millefeuille
04. アンモナイト
05. 風光る
06. 2回
07. 千本椿
08. LINE
09. いっしょ。
10. GOKAI feat.トランスパランス
11. 霞道(かすみじ)
12. 他人の関係
13. メドレー(犬、指切り、月天心)
14. もらい泣き
15. ワイヤレス
16. 冬めく
17. パパママ
(ENCORE)
18. 雨夜花
19. ハナミズキ
20. 蛍

関連リンク

一青 窈 Official Web Site:http://www.hitotoyo.ne.jp/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。