ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

無印で販売数1位の「カレー」に”フォンドボーと生クリームの濃厚ビーフ”と”国産りんごと野菜”が新登場。

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

無印で約7000点あるといわれる商品の、販売総数第1位を誇るのが雑貨や服飾でなく「カレー」ということをご存知だろうか。カレー購入者の34%はリピート購入しているという無印の人気の商品であるが、その無印の「素材を生かしたカレー」シリーズに、3月4日(水)より2アイテムが新たに追加される。

「フォンドボーと生クリームの濃厚ビーフカレー」(180g・1人前350円)は、仔牛の骨や肉をじっくり煮込んでつくったフォンドボーに、生クリームのコク、果実の甘みを加えたカレーだ。家庭ではなかなか出せない、深く濃厚な味わいが特長。

「国産りんごと野菜のカレー」(180g・1人前300円)は、お客さまの「子供用のカレーをつくってほしい」との声から生まれた、無印良品のカレーの中で一番辛くないカレー。りんごとかぼちゃの甘みを生かした甘口の野菜カレーだ。具材にじゃが芋、人参、玉ねぎ、ズッキーニを使っている。お子さまだけでなく、辛さが苦手な方にもおすすめ。

今回新発売の2アイテムを加え、「素材を生かしたカレー」は全16アイテム、すべて化学調味料不使用で作られている。

無印で圧倒的な支持をうけている「素材を生かしたカレー」の新商品を、ぜひご賞味あれ。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。