体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

若者も持ち歩く『テルモ』って?パラグアイで気付いた3つのこと

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

筆者撮影

TRiPORTライターの濱松です。
各国には、日本とは異なる文化や価値観も当然あります。海外では普通のレストランに入ったとき、長時間待たされることもよくあります。しかし地元客は苛立っている様子もなく、楽しそうにたわいもない会話をしながら気長に待っています。これが日本ならば、間違いなく誰かしら不機嫌になっているでしょう。
今回は、日本の真裏に位置するパラグアイの日本とは異なる文化について、3つ紹介します。

①女性は15歳で大人に

Photo credit:DSCF0013 via photopin

Photo credit: DSCF0013 via photopin

日本では、大人の仲間入りの儀式として成人式がありますが、パラグアイでは、女性に限って15歳の誕生日会がそれにあたり、スペイン語でFiesta de quinceanos(15歳のパーティー)と呼ばれます。また15歳になった主役の女の子のことをQuinceaneraと言います。日本でいうと、まだ中学生か高校生に入学したあたりの人々が、パラグアイでは大人の仲間入りをしているというわけです。その日に行われるパーティーでは、主役の女性は白いドレスを身にまとい、ラテンのリズムに乗って父親や親族とワルツを楽しみます。その後に招待した友人などと、様々なダンスを踊ります。

引用元:PhotoPin photo credit: Bianca Quince Anos 117 via photopin (license)

Photo credit: Bianca Quince Anos 117 via photopin

この日は食事も豪勢で、準備はプロの業者に頼み、写真やビデオ撮影も業者に発注。女性たちは15歳とはいえ、日本人と比べると容姿も大人っぽく、まるで結婚式の披露宴のような光景になります。一般的な家庭でも招待客は50人を超え、裕福な家庭では1,000名を超える人が集まるそうです。この宴は、夜明けまで続きます。日本人の女性からしてみれば、こんなに盛大に祝ってもらえる誕生日があるというだけでも、うらやましいのかもしれませんね。

②肥満の国パラグアイ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

筆者撮影

パラグアイを歩いていると、あることに気が付きます。それは大人たちの体型。皆かなりふくよかな体つきで、ぎこちなく歩く姿が目につきます。それもそのはず。なんと、パラグアイの成人の64.5%が肥満で、その割合は南米諸国の中でもかなり高いそうです。また、青年・子供の肥満度も高く、14%を超えているとのこと。これは、決してパラグアイが裕福な国だからというわけではありません。子供の頃から安いジャンクフードやインスタント食品を食べることに慣れてしまっているためです。中には、コーラを哺乳瓶に入れて赤ちゃんに飲ませている人も…。

引用元:PhotoPin photo credit: t-bone via photopin (license)
1 2次のページ
Compathyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会